LIFE & SPORTS

「ジブリパーク となりのセトシ」変化する瀬戸市 !?【長久手タイムズ】

瀬戸市の中心街の通りには、ジブリの幟が「となりのセトシ」と差し替えたジブリの幟の瀬戸市版があちこちでたなびいています。長久手の「いっしょに歩こう」の文字の代わりに、お茶碗と湯呑みの陶器のイラストが描かれてます。

ホテル「ROUTE INN」と丸一国府商店(写真の中心にある建物)。ホテル「ROUTE INN」は2023年11月1日、ジブリパーク第一期オープンに合わせて竣工されたホテルです。
「ROUTE INN」が建つ場所は、尾張瀬戸駅近く、瀬戸焼きを扱う商店のシンボル的存在である丸一国府商店からは、ちょうど瀬戸川を隔てた向いに聳え建っています。丸一国府商店は、明治5年創業の老舗、名鉄瀬戸線を活用し日本全国へ、そして海外へ瀬戸焼きをもたらしました。

一番左が丸一国府商店

尾張瀬戸駅斜め向いにかかる窯神橋にはいつの間にか花壇が。

ホテル「ROUTE INN」の総客室数は、245室。
ラジウム人工温泉「旅人の湯」がおもてなし

「ROUTE INN」は近隣では、豊田市に2件、多治見市に1件あります。ジブリパークと合わせ、この地を訪れる訪問客の瀬戸市観光の拠点となることが大いに期待されています。

瀬戸にはこんなTAXIが! 長久手にはない光景である。瀬戸駅からジブリパークへの直行タクシーの様に見えます。瀬戸駅近くの老舗タクシー「マルセタクシー」のアイデアです。

表記的に、「ジブリパーク・タクシー」とは名称が使えないだろうことから、愛・地球博記念公園ゆき ジブリパーク の横にTAXIと、言葉の並びとイメージでジブリパーク専用のタクシーと思わせます。発想力ですね。ピンクの幟もまた同じで、ジブリから訴えられることはないはずです。

名鉄瀬戸線の終点、尾張瀬戸駅前にあるバス乗り場。「ジブリパーク行き」の横断幕が目に飛び込んできます。バスも直行便ですね。

記念橋の欄干には瀬戸焼きが幾つも飾られています。左手奥にホテル「ROUTE INN」。

記念橋近くの「せと・まるっとミュージアム」の拠点「瀬戸蔵」。「産業観光」と「市民交流」を支援する複合施設です。現在、外装をリニューアル中。

「瀬戸蔵」入り口入ってすぐにあるジブリパークの展示品。ジブリオープン以降、何度も展示品は入れ替わっているとのことですが、瀬戸ミュージアムの拠点であるこの場所で、ジブリをモチーフにした陶器のノベルティものが置かれることはない。ほぼぬいぐるみものだけだったらしい。

瀬戸ノベルティ文化保存研が、発想力、行動力のあまりの無さに瀬戸市行政に公開質問状を送ることになったいわくつきの展示がここ。

これまでにジブリ製品の中に、人気のある瀬戸焼きのノベルティがあっただけに、ジブリパーク開園後にその経験や蓄積がまったく活かされることなく、新たに商品化されることもなく「地場産業」とつながるジブリではあるが瀬戸では一部を除いて見られないという。

瀬戸焼きの”華”で世界を魅了してきた陶磁・ノベルティ(やきもの製の人形や置物・飾り物)の展示や商品化について瀬戸市行政がまったく関心を持たない(発想が無い)ことに対して、瀬戸ノベルティ文化保存研究会サイドが大いに市政に疑問を呈していることも併せて記しておこうと思います。→瀬戸ノベルティ文化保存研究会の瀬戸市行政への公開質問状について。

商店街は藤井聡太8冠で盛り上がってます。その一方で、瀬戸の貴重な陶磁ノベルティを長年つくり続けてきた瀬陶工(瀬戸陶磁器工業協同組合)が数年前に解散されたとのことです。瀬戸市中では世界を魅了した陶磁ノベルティの消滅に向かって行くのではという声も上がっているとのこと。

銀座通り商店街の中にある「Cafe & Guesthouse もやいや」。モーニングの旗があるお店。築100年の古民家をリノベして「飲食・宿泊・体験」の3つの機能を備えた複合施設に。ワークショップや作品展示もでき、2階は陶芸体験者が長い期間宿泊できるゲストハウス。

「猫ミュージアム」にて

かつて瀬戸川に張り出していたバス停留所が懐かしい記念橋。今ではすっかり風景が変わってしまいました。

関連記事

  1. [長久手タイムズ]長久手初:里山の民泊で憩う
  2. 紅葉と池が織りなす水景 /「どんどこの森」へとつづく「日本庭園」…
  3. 「もりの学舎」❶ 子供たちが「自然あそび」できる環境学習施設【…
  4. 心も体まるっと風雅に浸れる「安江」の手打ち蕎麦【長久手タイムズ】…
  5. 長久手”タイム”:市内で感じる「時」の色 【長久手タイムズ】
  6. ChatGPTに長久手市について訊ねてみると!?【長久手タイムズ…
  7. Agricultural Landscape in 上郷 …
  8. 花・鳥・風・月の里山から(2)〜となりの瀬戸市【長久手タイムズ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

「となりのトトロ」に描かれたような鎮守の森。ジブリのすぐ近くにある神明社へ(2)【長久手タイムズ】

杉の木立の参道の奥に二ノ鳥居がうっすら見えてきます。「神路橋」を渡ると急な石段の向こう側に翼を広げ…

ながくてアートフェスティバル〜胡牀庵の抹茶(3)【長久手タイムズ】

市内25ヵ所で開催されたながくてアートフェスティバル」(2023年 9/23~10/15)は、色金…

長久手タイム:市内に流れている「時」を感じる【長久手タイムズ】

「長久手タイムズ」は、市内に流れる「時=タイム」を意識しています。その「時」の積み重ねによって成立…

もう満開!日本三大桜「根尾谷淡墨桜」が市内4カ所に植樹されている❶【長久手タイムズ】

長久手市には、日本三大桜の一つ岐阜県の「根尾谷淡墨桜」から植樹された「淡墨桜二世」が4カ所あります…

長久手と「石作り」:「石作神社」の起源は8世紀

石作神社の起源は平安時代の8世紀長久手の歴史は、「小牧・…

長久手のスーパー銭湯:「丘の上のスパリゾート」

長久手市の南西端、名古屋の名東区のすぐ手前にあるのがスーパー銭湯「名東温泉 花しょうぶ」。愛知県…

「勝入塚」から裏手の森林の中へ〜古戦場の地形を辿る【長久手タイムズ】

多くの市民の皆さんも訪れてられる長久手古戦場公園。そして公園のすぐ近くに建つ池田勝入(恒興)塚。今…

長久手市「文化の家」開館25周年記念(2023 記録)

長久手市文化の家は開館25周年を迎え記念事業を連続して企画。その記録を一部掲載致します。1998年…

家康の家紋「三つ葉葵」と池田恒興の家紋「アゲハ蝶」が一つに:長久手の校章デザイン

長久手市にある5つの小学校の校章デザインは、すべて長久手の戦いをベースにしています。長久手合戦だけ…

長久手には、かつて「旅館」があった! 旧道、岩作商店街を巡る❷ 【長久手タイムズ】

現在、長久手で大いに発展をとげ商業地になっているのは、西部と南部エリアですが、かつて大正〜昭和時代…

PAGE TOP