パブリックヒストリー

「勝入塚」から裏手の森林の中へ〜古戦場の地形を辿る【長久手タイムズ】

国史跡「勝入塚」: 秀吉軍勢の武将・池田恒興(勝入=しょうにゅう)討死の場所と伝えられています。当時、池田恒興は美濃の大垣城主でした。長久手の戦いで落命する4年前の1580年に入道(剃髪)していたので「勝入斎」と名乗っていました。塚名は法名の「勝入」にちなむものとなっています。

池田恒興は、「清洲会議」に出席した織田家重臣の一人。母の養徳院は織田信長の乳母で、信長とは乳兄弟という存在。幼少期から信長の小姓として仕える。犬山城主、摂津国兵庫城主でもあった。

池田恒興の次男の輝政(尾張清洲生まれ)は、後に播磨姫路藩の初代藩主として姫路城を大規模修築し現在に残る名城に仕立て上げた。
池田輝政は、秀吉亡き後、家康側につき、関ヶ原の戦いでは徳川軍として南宮山の毛利秀元・吉川広家らの西軍の抑えを務めた。

「勝入塚」の裏手の「仏が根」の林の中

勝入塚の奥に広がる松林

池田勝入塚もまた崖の上にあるのが分かる。この崖より向こう側の松林は、住所で言えば「長久手市仏が根」である。まさに古木のうねるような根っこが地面を這っている。

『尾張名所図会』より「長久手古戦場」の絵図

古戦場資料館の裏手の丘を上って古木の林を抜けていくと「武蔵塚」につながる小高い原っぱに出ます。古戦場公園の中では訪問者もあまり立ち寄らないエリアのようですが、ぜひ辿ってみてください。

古戦場公園の裏手、小高いゾーンに生える古木の林。この辺り一帯は、住所で言えば「武蔵塚」である。

裏手の小高い尾根を下っていくともう一つの国史跡である「庄九郎塚」へ。

国史跡「庄九郎塚」: 長久手合戦で討ち死にした池田恒興の長男・庄九郎こと池田之助の戦死の場所。当時。岐阜城主だった。鬼武蔵の森長可は義兄である。森長可はここから300m西側で戦死。

「庄九郎塚」のすぐ向こう側は市街地になっている。

関連記事

  1. 古戦場公園への古民家の移築について❶【長久手タイムズ】
  2. 観音堂 九万九千日祭り at 安昌寺 8月10日(木曜)
  3. 尾張藩が水政策で江戸初期に築造。水神様の「八大龍王」が棲むという…
  4. [長久手タイムズ]家康×秀吉 長久手の戦いの激戦地
  5. 長久手には、かつて「旅館」があった! 旧道、岩作商店街を巡る❷ …
  6. 火縄銃の音が市内に轟く伝統の警固祭り【長久手タイムズ】(記録)
  7. 古戦場公園整備工事の現況❸〜築山はすっかり姿を消した【長久手タイ…
  8. 白バスの停留所近くにもう一軒の「旅館」〜旧道、岩作銀座の繁盛ぶり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP