アート&カルチャー

ながくてアートフェスティバル 〜リニモテラス〜里山東山(2)【長久手タイムズ】

今回はリニモの長久手古戦場駅前にあるリニモテラス公益施設でのアートフェスティバルと、市の東部にある「東山みんなたんぼ」でのアート作品の展示の様子をお伝え致します。アート作品は展示される空間によって見せる表情を大きく変えます。リニモテラスでは木の温もりが、「東山みんなたんぼ」では土の温もりが作品に温度と湿度を与えているようです。ながくてアートフェスティバルのサイトはこちらから

鳥本采花「Mars」

中西萌「Promnade」

鈴木蒼空「双子王女たちと婚約」

林 由佳子「回遊するパパイヤ」

林由佳子「ハート包囲網」

安達充徳「耀い -凪-」  / 李在弦「染付壺」 / 李在弦「信楽壺」

李在弦「信楽壺」 / 安達充徳「剛柔- 柔和な強さ」

香りの良いヒノキをもちいた木組のラティス構造で知られる。市民に開放された大廊下のオープンスペースで珈琲も飲める。左右に市民のための創作用の活動室や、ワークショップや打ち合わせのための小部屋、畳のある和室が敷設されている。市民の情報発信の場所の一つである。

リニモテラスは、2022年 GOOD DESIGN AWARDを受賞している。
東畑建築事務所+ナノメートルアーキテクチャー一級建築事務所

山田明広「たんぼのみんな」 この展示場所は今回のフェスの展示場所として最も見つけるのが困難な場所であった。アートフェスの冊子にある地図からは近所まではクルマですぐに行けてもそこからが辿り着くのはかなり困難を要した。地元の方に聞いてもなかなか辿りつけなかった。足を運んだ方はあちこちのたんぼを巡ることになるの。風景が目の前を移っていく。簡単に辿りつけなさこそまた醍醐味ではないかと思うのだった。

関連記事

  1. 「導入の庭・北庭」の水の渦 at モリコロパーク【長久手タイムズ…
  2. 「蓮ノ宇宙、蓮ノ色」【Nagakute Times Photo …
  3. 「ゲゲゲの鬼太郎」の絵が長久手に?! 犬山と長久手、その数奇な運…
  4. SATOYAMA WOODLAND Memoire (2)【Na…
  5. [長久手タイムズ]奈良美智氏の絵画で埋め尽くされた喫茶店(かつて…
  6. 超モダンと伝統的水景が対地された「日本庭園」の秋(2)【愛・地球…
  7. [長久手タイムズ]ルネ・ラリックのカーマスコット【トヨタ博物館(…
  8. 「しばらく田舎にいると東京が恋しくなる。東京に戻ると田舎が恋しく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

長久手タイム:市内に流れている「時」を感じる【長久手タイムズ】

「長久手タイムズ」は、市内に流れる「時=タイム」を意識しています。その「時」の積み重ねによって成立…

草野球チームやジュニア野球クラブが集う長久手市民野球場

車道やリニモからも見え、夜煌々と照らされた照明とフィ…

里山にある鎮守の杜・多度神社のつづら折り小径は一見の価値あり

長久手東部の里山(TOTONO)の中程にこんもり茂った樹木、そこが前熊志水の鎮守の杜「多度神社」で…

[長久手タイムズ]公園西口から:こいの池の夏を抜けて

2回目のジブリパークへは、公園西口エリアから入園してみると思わぬ光景に出会います。リニモの場合、公…

長久手古戦場:かつて刀を洗った血の池の今

「小牧長久手の戦い」の長久手合戦主戦場近くにあった池の跡地である。この池で勝ち戦になった徳川方の武…

旧市川家住宅は訪ねておきたい古民家です(となりの日進)【長久手タイムズ】

長久手市は現在、10年にわたって古戦場公園への古民家移築で二転三転していますが、「となりの日進」に…

長久手市周遊ライド❶:サイクリスト Hiroki AOYAMA の地元長久手ライド 

『今回、私、Hiroki AOYAMAが選定する<長久手発サイクルコース8選>の第4回目のコースは…

長久手周遊ライド❷:サイクリスト Hiroki AOYAMAの地元長久手ライド

『長久手周遊ライドの二回目です。今回は長久手西部エリアの香流川沿いに整備された歩道を「文化の家」や…

企画展「トヨタ博物館でSDGsを考える クルマとゴミとカーボンニュートラル」へ行ってきた

2021年からSDGsに関する企画展を毎年開催してきたトヨタ博物館の2023年の企画展です。「歴史…

心も体まるっと風雅に浸れる「安江」の手打ち蕎麦【長久手タイムズ】

安江・長久手店は、「風雅」な美味しさが味わいたくなったら足を向けたくなる手打ち蕎麦屋さん。「食」も…

PAGE TOP