City サイド

ながくてアートフェスティバル 2023(1)【長久手タイムズ】

「ながくてアートフェスティバル 2023」が開催されています。このフェスティバルはアートをきっかけに人と人をつなぎ、まちをアート一色で盛り上げるイベント。今年のテーマは、”体験アート〜創造と想像」。市内25ヶ所で開催されています。今回は聚福院と文化の家、鐡工房たね庵さまの3カ所からお届けします! 今回のアートきっかけに初めて開催場所に伺う機会になるケースもありました。人と人だけでなく場所と人、街と人、郷土・歴史と人をつなぐそんなフェスティバルでもありました。

聚福院「お寺 de アート」展示。上の梵鐘の下にあるのは、鐡工房・たね庵・武田篤胤さんの「ニワトリ」です。

聚福院の本堂の縁側に展示されたのは、寄川桂さんの「聚福院と時空を遊ぶ」。

聚福院の古い門:寄川桂さんの「聚福院と時空を遊ぶ」作品でポスターが留められていました。

「文化の家」での展示風景です。屋外には斎藤雄介さんの「命のファンファーレ」がお出迎え

美術作家・森正樹さんの「ファンファーレ」や「喪失した場所たち」には、自画像の「ウサギくん」が登場。じしんの場所を喪失し夢の中を航海しているような作品群です。小屋の中に住んでいるうさぎが夢を見ているようです。遠い記憶と未明な風景の中で観る者と作者が出会うようです。

なんともファンタジックなコラージュ的に作り出されている森正樹さんの「ウサギくん(自画像)」

「そこに根を張る〜アンバランスというバランス〜」。愛知県立芸術大大学院を修了、瀬戸市在住の中林万里子さんの作品群です。

「そこに根を張る」野焼きによる陶器。中林万里子さんの作品。長久手も東部では野焼きできますが瀬戸市でもまだできるのですね。ほんといい味の作品たちでした。尾張東部に来ますとほんと土と火でできあがる陶器の作品が身近になります。そこからアート作品も生まれてくるのは必然的。根を張っているからこその創造的行為です。

寺本実里さんの「羊をかぞえる」愛知県生まれ。武蔵野芸術大学油絵学科卒業。何かを描き出した幼な子の線に子供を重ねているのでしょうか。愛らしい作品です。

乾漆彫刻家として個展を中心に活動される横田千秋さんの作品「乾漆彫刻どうぶつえん」 ( 名古屋芸術大学大学院修了)

鐡工房・たね庵・武田篤胤さんの「ニワトリ」たちがここにもいます。鐡たね庵にて

関連記事

  1. 新緑の杁ヶ池公園
  2. 「ゲゲゲの鬼太郎」の絵が長久手に?! 犬山と長久手、その数奇な運…
  3. 長久手周遊ライド❸:サイクリスト Hiroki AOYAMAの地…
  4. リニモテラスの使い方は100通り以上! ミニコンサート、アート展…
  5. 数寄屋造りに森克彦氏の彫刻作品【古川美術館・為三郎記念館】(1)…
  6. [長久手タイムズ]ルネ・ラリックのカーマスコット【トヨタ博物館(…
  7. 「しばらく田舎にいると東京が恋しくなる。東京に戻ると田舎が恋しく…
  8. 日本一の招き猫ミュージアム訪問 -「となりの瀬戸市」【長久手タイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

子供たちが自然と遊びスイッチが入る児童館【モリコロパーク 県児童総合センター】

猛暑の日でも子供は部屋の中だけでは泣き出し我慢できない、外遊びがしたい、となる訳だが、さてどうする…

里山の道端から見える蓮の花:地元の名所

クルマに乗りながら車窓から言える蓮の花として地元ではよく知られています。場所は、長久手市東部の里…

小麦アレルギーがあっても美味しいバームクーヘン! at あぐりん村 【長久手タイムズ】

小麦アレルギーがあるとパスタや蕎麦などの食事はもちろん、美味しいお菓子やスウィートが食べれなくなっ…

里山に湧く天然温泉「ござらっせ」

里山 TOTONOには、天然温泉が沸いています。2002年に開業した「ござら…

「茶室 香流亭」本格の和空間で一服【長久手タイムズ】

「茶室 香流亭」は、モリコロパークの日本庭園にある本格的な和の茶室です。ジブリパークの「どんどこ森…

長久手の指定保存樹木を知ってますか(2) No.6~No.10

長久手に「保存樹」があることを知っていますか。保存する必要があると認められる樹木は、「健全で、樹容…

「石作郷」から始まった長久手の地名:石作氏とは?

小林鑛一:郷土史研究家 長久手市郷土史研究会会員…

[長久手タイムズ]長久手の「魔界の入口」へ行ってみた

昭和晩期から平成時代にかけかつて長久手にあったアーティストやヒッピーたちのいわゆ…

「大草のねこ物語」【長久手タイムズ】

市の東部の里山エリアを見守るかのように鎮座する招きねこの石像です。戦前の昭和10年頃につくられたと…

草野球チームやジュニア野球クラブが集う長久手市民野球場

車道やリニモからも見え、夜煌々と照らされた照明とフィ…

PAGE TOP