パブリックヒストリー

はや満開! 日本三大桜「根尾谷淡墨桜」の植樹、残りの2カ所は何処? ❷【長久手タイムズ】

植樹は1977年(昭和52年)。すでに45年以上が経ち見事な淡墨の桜を咲かせています。


この「淡墨桜」を含め、この一帯は「木望の森」と呼称されているエリアになっています。「木望の森」よりさらに奥まった場所は「東山地区」として「長久手市里山基本計画」の対象ゾーンの一つ。


平成こども塾やシンシアの丘へ向かう道の途中の小川から、川沿いの道を200m程、下流(西側)へ。「小深橋」がある小さな十字路を北方に50m程すすむと右手に見えてきます。道は一軒の住宅で行き止まりになっていますので手前の空いた場所で駐車するのをおすすめします。

岐阜の「根尾谷淡墨桜」 根尾谷・淡墨(うすずみ)公園

樹齢1,500年を超える。
日本さくら名所100選

岩作の曹洞宗の寺院・安昌寺 寺門前の昔からよく知られた淡墨桜です。県道バス通りに面しており日々多くのクルマが行き交い、車窓からも淡墨桜を眺めることができます。
安昌寺は、長久手の戦い後に雲山和尚が、家康方、秀吉方の敵味方なく合戦で戦士した兵士の屍を集めて塚を築き手厚く弔ったお寺として広く知られています。この安昌寺の裏手の色金山は、徳川家康が陣を張って軍議を開いた場所として「色金山歴史公園」となっています。



関連記事

  1. Agricultural Landscape in 上郷 …
  2. 世界的アーティスト奈良美智氏が20代に暮らしていた長久手の地
  3. 里山の中に糖質オフスイーツ専門店、OPEN! ~ 罪悪感なく甘い…
  4. 長久手からつづく東部丘陵で体験するグランピングパークの全容!❶ …
  5. 「長久手里山基本計画」が重要になってくる訳 / 大災害と里山【長…
  6. 里山に湧く天然温泉「ござらっせ」
  7. 長久手と「石作り」:「石作神社」の起源は8世紀
  8. Garden & Cafe アルキペラゴの「種祭」に潜入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP