パブリックヒストリー

[長久手タイムズ]カッコイイ! 鎧兜を身に纏う 長久手古戦場公園

鎧兜の勇ましい姿は、21世紀のこの時代に何かを語りかけてくれているようです。大リーグ・エンジェルスでホームランバッターをベンチで迎える際の勝利の兜を頭に載せるパフォーマンス、NHK大河ドラマ『どうする家康』での勇猛な武将たちの姿。
甲冑(かっちゅう)姿になる女性や子供達が続出したのは、令和5年4月9日の長久手古戦場桜祭りの日の出来事でした。

価度や材質から鮮やかな彩り、シンボリックなフォルムと装い。鎧兜一式にはもの凄い技術やノウハウが詰め込まれ表現されています。次回の古戦場桜祭りにはぜひ私自身も身に纏ってみよう。

甲冑を身にまとえるイベントは、当祭りの甲冑試着体験イベントです。イベントは、火縄銃の発砲、弓道大会、様々な露天・キッチンカーが出、隣のAEONの手前にある2号公園では、朝10時から14:30分まで、棒の手の伝統芸能、民謡、詩吟、歌謡、雅楽、着付け、フラダンス、コンテンポラリーバレエ、チアリーディングなど30ものステージイベントが開催されました。

長久手古戦場桜まつり:火縄銃の発砲実演(県・市指定の無形民俗文化財「警固祭り」)

関連記事

  1. 【鬼武蔵・森長可が改築した大草城】加藤義郎さんに訊く(2)
  2. 【長久手大草城の歴史とプロジェクトについて】加藤義郎さんに訊く(…
  3. 古えの時が漂う秋葉社へ。椿と楓の共演
  4. 十人十色 仏教テーマパーク五色園 【となりの日進】寄稿:柘植崇…
  5. 古代の都・飛鳥とつながっていた古代長久手! – ほと…
  6. 劇画「小牧・長久手の戦い〜Battle of Komaki -N…
  7. 「厭離穢土 欣求浄土」- 色金山公園(2)
  8. 2024 ヤマトタケルの父、影行天皇を祀る。影行天皇社での迎春 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP