アート&カルチャー

サツキとメイの家のお正月【長久手タイムズ】

2024年(令和6)年が始まりました。「サツキとメイの家」にもお正月がきました。これは1月吉日の記録です。草壁家、いつもとはちょっと違うお飾りがされています。草壁家の門には門松、玄関には「しめ飾り」、床の間には鏡餅が。そんな「サツキとメイの家」のお正月を少しだけ訪ねてみました。

関連記事

  1. (株)ジブリパークと愛知県と長久手市が「連携協定」を締結!【長久…
  2. 白川郷「合掌造りの家屋」がモリコロパークすぐ近くで体験できる!❶…
  3. 子供たちが自然と遊びスイッチが入る児童館【モリコロパーク 県児童…
  4. [長久手タイムズ]県芸スナップショット(1) – M…
  5. Nagakute Street Gallery ❷【長久手タイム…
  6. [長久手タイムズ]となりのトトロの時代のクルマ【トヨタ博物館(3…
  7. ジブリパーク夕暮れショット
  8. モリコロパーク:初秋への入り口

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

長久手タイム:市内に流れている「時」を感じる【長久手タイムズ】

「長久手タイムズ」は、市内に流れる「時=タイム」を意識しています。その「時」の積み重ねによって成立…

第34回クラシックカー・フェスティバル in 長久手【長久手タイムズ】

長久手市の秋の風物詩となった「クラシックカー・フェスティバル」(トヨタ博物館主催 10月22日開催…

新緑の杁ヶ池公園

杁ヶ池公園は、リニモの杁ヶ池公園駅から南方に徒歩5分ほどの住宅街の中にある水景が…

徳川園、白鳥庭園を作庭した佐竹三喜雄氏の手による愛・地球博記念公園「日本庭園」の秋(1)

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内にある「日本庭園」は、愛・地球博に併せて造園された7ヘクター…

古戦場公園整備工事の現況❸〜築山はすっかり姿を消した【長久手タイムズ】

長久手古戦場公園再整備工事の初期スキームにあたるであろう3つの築山の取り崩しが2月に入って一気に進…

長久手のかつての中心地・岩作商店街を巡る❶ 【長久手タイムズ】

現在、長久手で大いに発展をとげ商業地になっているのは、西部と南部エリアですが、かつて大正〜昭和時代…

古民家移築❷ 再利用可能な部材のみ活用? 部分移築か?【長久手タイムズ】

市の古民家取り扱い方針は昨年次のように決定していました。「記録を残した上で、古民家の再利用可能な一…

週末のIKEA周辺の交通渋滞、”魔の時間帯”対策【長久手タイムズ】

すぐ近くのジブリパークのフルオープンで、週末午後のIKEA長久手周辺の大渋滞が再び目に付くようにな…

はや満開! 日本三大桜「根尾谷淡墨桜」の植樹、残りの2カ所は何処? ❷【長久手タイムズ】

長久手市には、日本三大桜の一つ岐阜県の「根尾谷淡墨(うすずみ)桜」から植樹された「淡墨桜二世」が4…

[長久手タイムズ]ローライダーという文化の聖地「Paradise Road」(1)

愛知・東海圏には、東京や大阪よりも幅広くディープな自動車文化がある。それを強烈に認識察せられたのが…

PAGE TOP