PEOPLES & Community

[長久手タイムズ]下平淳一氏(2):日本初のローライダークラブを創設

下平氏が1985年、25歳の時に発足したのが、後に日本で最初のローライダー・カークラブとして認定されることになるPHARAOHS(ファラオス)である。現在37年目を迎える。これは2010年に25周年を記念して作られたフラッグ。この2年後の1987年に共同経営者である相棒の生井氏とParadise Roadを始める。

プラモデルで戦車作りに興じていた少年時代、10代後半になるとクルマやバイクのリアルな世界に一気に魅了されていったという。同じく長久手小学校、中学校出身のバッドボーイズたちとグループを結成し青春を謳歌。彼らのほとんどは町の東部、現在モリコロパークがある丘陵や田圃に囲まれた町の中でも片田舎の出身だ。そんな彼らのはちきれんばかりのエネルギーが写された一枚。倉庫の奥の壁に大切に貼られてあった。

Paradise Roadのカスタムバイクも多くの賞を取り極めて高い評価を得ている。

現在、Paradise Roadの倉庫にはお客さん預かりの1936シボレーと、下平氏のプロジェクト 1936Fordが置かれてあった。米国西海岸には、メキシコからの移民(チカーノ=メキシコ系アメリカ人)が多く住んでいるが、彼らのアイデンティティは、フォード車でなくさらに安価な中古シボレーを彼らなりのセンスで改造し、白人の改造車であるホッドロットに負けない美しさと豪華さを手に入れることだった。クルマが日常的に必要な米国西海岸で、1950年代からチカーノが編み出した中古車の改造・カスタムは、彼らのライフスタイルの一部なのだ。彼らのプライドそのものでもある。下平淳一氏はその方法論とスタイルに感銘を受け、自身のアイデンティティとプライドに結びつけていったのだ。

関連記事

  1. 湯婆婆、出没!
  2. 花・鳥・風・月の里山から(2)〜となりの瀬戸市【長久手タイムズ …
  3. 杁ヶ池公園の主、駒村和廣さんに聞く「夢の公園」の未来図(3)【長…
  4. WBC優勝!源田壮亮選手の不屈の活躍
  5. 里山TOTONO、香流川沿いに「音の散歩道」が出現!
  6. 「日本の塔・月 – からくりモニュメント」アイ・地球…
  7. リニモテラスの使い方は100通り以上! ミニコンサート、アート展…
  8. なぜかルーズヴェルト大統領専用車が【トヨタ博物館】(5)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

「もののけの里」オープン、「あいちサトラボ」との深い連帯【長久手タイムズ】

ジブリパークのフルオープンの第一弾の「もののけの里」が11月1日初日を迎えました。ジブリパークがオ…

長久手の「パリの蚤の市」がパリすぎる! 【長久手タイムズ】

長久手でパリの蚤の市。「アンティークレースとパリの蚤の市」フェアが、園芸と雑貨の店「アトリエkun…

かつて愛知青少年公園にあったロボット館。今でもあのロボットたちの演奏会が見れる!【モリコロパーク】

愛知青少年公園にかつてあった「ロボット館」を覚えてられる方も多いと思います。元々は1970年開催の…

県芸スナップショット(2):「steps in the Air」撮影:中野淳

画像 上:愛知県立芸術大学の地形劇場(シアター)は、芸術と自然を融合させたオープンエア劇場…

秋晴れと、秋桜と。モリコロパークの今【長久手タイムズ】

10月になって夏から整備に入っていたモリコロパークの花園が、いっせいに花を咲かせ始めています。11…

里山・TOTONOの春

TOTONOの春とくに自然豊かな里山地区である長久手市の東部(TOTO NO トト野…

2023年ジブリパークの春

[長久手タイムズ]長久手の空を駆け上った龍の幼子 2022/10/14

龍は架空の存在、想像上の存在と一般に思われていますが、はたして、、。龍は雲をかりて一気に形をなすと…

街なかパン屋さんBENKEI長久手店、 15周年記念イベントに出会った

リニモのはなみずき通り駅のすぐ前にある「ニッポンのパン」をコンセプトにしたパン屋さん「boulan…

古民家移築❷ 再利用可能な部材のみ活用? 部分移築か?【長久手タイムズ】

市の古民家取り扱い方針は昨年次のように決定していました。「記録を残した上で、古民家の再利用可能な一…

PAGE TOP