ジブリパーク

大トトロがいる「どんどこ森」は、香流川の水源の一つになっています【長久手タイムズ】

こちらの入り口(登山道)は、サツキとメイの家のある方から。階段を上っていきます。

階段を登っていくとカーブしたその先に何やら見えてきます。

階段で登ってくると「8号目」の目印が。どんぐりが上にのってます。

「どんどこ森」山頂。こちらにも石碑の上どんぐりが乗っています。

愛知県産の杉とヒノキなどが使用されているどんどこ堂。大トトロはコンクリでなく木製です。
特徴的な爪やヒゲをつくったのは、日本刀の技術を活かす刀鍛冶・浅野太郎氏による。
ジブリパークは職人たちの手でつくり出されている。ここではホワイトカラーはまったく足元にも及びません。

「どんどこ処」にまた戻ってきて休憩。瓦には淡く銀色に輝く愛知県生産の三州瓦がもちいられています。

関連記事

  1. 子供たちが自然と遊びスイッチが入る児童館【モリコロパーク 県児童…
  2. 着ぐるみ「ティラノサウルスレース」開催!at モリコロパーク【長…
  3. 「冬青の実:絵ものがたりの散歩道」(1)【モリコロパーク】
  4. 「絵ものがたりの散歩道〜サツキとメイの家へ」(2)【モリコロパー…
  5. 「日本の塔・月 – からくりモニュメント」アイ・地球…
  6. パーク内のどんぐりで育った「2世の森」が成長中 – …
  7. [長久手タイムズ]炎天下、「猫の城」開城!【ジブリパーク】
  8. (株)ジブリパークと愛知県と長久手市が「連携協定」を締結!【長久…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

長久手合戦があった「仏ヶ根公園」- 長久手市の公園巡り❸ 【長久手タイムズ】

仏ヶ根公園は、長久手古戦場公園と武蔵塚の北側に広がる住宅街の中にある公園です。その名称からかつては…

「日本の塔・月 – からくりモニュメント」アイ・地球博記念公園  からくり人形作家・夢童由里子氏の世界 

1日に5回、護り童子のからくり人形がパフォーマンスをします。愛・地球博(2005年)でこのエリアに…

長久手と「石作り」:「石作神社」の起源は8世紀

石作神社の起源は平安時代の8世紀長久手の歴史は、「小牧・…

「ジブリパーク となりのセトシ」変化する瀬戸市 !?【長久手タイムズ】

陶都・瀬戸市がジブリパークがオープンしたことで変わり始めているようです。すでに2022年の第一期ジ…

桧ヶ根公園:長久手合戦とワーテルロー市との友好の植樹の地

中央図書館の北側にある桧ヶ根公園(Hinokigane Park)は、長久手市の数ある公園の中でも…

[長久手タイムズ]楽譜が無かった高校の校歌【長久手高校✖️愛知県立芸術大学】

市内にある高校と芸術大学が「校歌」の譜面化を通じ、思いもよらない心あたたまる交流が生まれました。高…

リニモ公園西駅前にスーパーが2025年度開業します【長久手タイムズ】

長久手市の総合マスタープランで市東部の拠点と位置付けられていたリニモの「公園西駅」手前の土地がいよ…

里山にある鎮守の杜・多度神社のつづら折り小径は一見の価値あり

長久手東部の里山(TOTONO)の中程にこんもり茂った樹木、そこが前熊志水の鎮守の杜「多度神社」で…

震災非常時と平時の二刀流「ソーラースタンド」:日東工業が設置【長久手タイムズ】

大震災がもたらす災害時の電力供給として、長久手市に本社がある日東工業は、独立電源システムの「ソーラ…

[長久手タイムズ]長久手の空を駆け上った龍の幼子 2022/10/14

龍は架空の存在、想像上の存在と一般に思われていますが、はたして、、。龍は雲をかりて一気に形をなすと…

PAGE TOP