Connecting the dots of Nagakute City – ジブリと里山、文化と歴史がある長久手のWebメディア

震災非常時と平時の二刀流「ソーラースタンド」:日東工業が設置【長久手タイムズ】

システムは、非常時携帯電話充電ボックス、LED照明設備、100ワットの太陽電池2枚、24Ahの蓄電池6個などで構成される。最大出力電力は60ワット。

長久手市は日東工業と、「災害対策及び災害対応への協力に関する協定」を2019年に締結しています。
地域でのセーフティーネットづくりのため、今後も連携が強化される方向。

100ワットの太陽電池2枚、24Ahの蓄電池6個などで構成される。最大出力電力は60ワット。

AEON長久手店前の広場。後方はリニモ古戦場公園駅。人がよく行き交う日常のローケーションに設置されています。

日東工業本社の敷地に道路側には後援・支援したアート作品がずらりと展示されています。

日東工業本社 長久手市

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です