ディープ長久手

家康の家紋「三つ葉葵」と池田恒興の家紋「アゲハ蝶」が一つに:長久手の校章デザイン

長久手市にある5つの小学校の校章デザインは、すべて長久手の戦いをベースにしています。長久手合戦だけをみれば明らかに徳川家康が勝利したものですが、校章デザインには秀吉方の武将・池田恒興(勝入)の家紋「アゲハ蝶」が変形して取り込まれています。
その上に徳川家康の家紋「三つ葉葵」がこちらも内と外がひっくりかえされた形でデザインされ、両者が組み合わされています。
尚、中学校の校章は稲穂のデザインです。

長久手市内で最も古い長久手小学校の校章

池田恒興の家紋「アゲハ蝶」 
徳川家康の家紋「三つ葉葵」

校章に敗者となった亡き池田恒興と勝者・家康の家紋を重ねたマインドのルーツには、ここ長久手が、両者が合戦した場所であったというだけでなく、色金山の麓にある安昌寺の雲山和尚が、敵味方関係なく合戦で戦死した多くの戦死者の屍を拾い集めて塚を築き手厚く葬ったという歴史もまた重ねられているのではと思われます。
その塚は、国指定史跡となった「首塚」として知られることになります。「首塚」は「尾張名所図会」にも描かれています。

岩作にある安昌寺。徳川家康が大きな石に座って軍議をひらいた色金山がこのすぐ裏手にある。

長久手小学校は、長久手尋常高等小学校として明治39年に創立  
写真は昭和32年のもの。 
写真は3点とも「長久手小学校沿革史」より

昭和元年(1926年)の長久手小学校                    
昭和50年の校舎の写真

関連記事

  1. [長久手タイムズ]長久手の懐かしき「レトロ昭和喫茶店」
  2. 「となりのトトロ」に描かれたような鎮守の森。ジブリのすぐ近くにあ…
  3. [長久手タイムズ]長久手の「魔界の入口」へ行ってみた
  4. 長久手に植樹された日本三大桜「根尾谷淡墨桜」
  5. [長久手タイムズ]長久手の空を駆け上った龍の幼子 2022/10…
  6. 幻のコメダ珈琲長久手店〜 公園西駅近く、創業の面影残すレトロ&ノ…
  7. 「となりのトトロ」に描かれたような鎮守の森。ジブリのすぐ近くにあ…
  8. 「香流川物語 Photo Images」❷ 【長久手タイムズ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

[長久手タイムズ]ルネ・ラリックのカーマスコット【トヨタ博物館(2)】

トヨタ博物館とフランスのガラス工芸作家のルネ・ラリック。一見結びつかないのですが、一体どんな関係が…

半年も真っ赤な溝ノ杁池。淡水赤潮の発生!【長久手タイムズ】

長久手東部のバス通りに真っ赤に染まった池がある。岩作や「ござらっせ温泉」方面から瀬戸に向かう県道の…

旧市川家住宅は訪ねておきたい古民家です(となりの日進)【長久手タイムズ】

長久手市は現在、10年にわたって古戦場公園への古民家移築で二転三転していますが、「となりの日進」に…

長久手コモンヒルズ:2024年 新しい町並みの光景【長久手タイムズ】

リニモ公園西駅の南東に広がる丘陵のなかに全369区画(建売分譲)の町が出現しています。公園西駅から…

ながくてアートフェスティバル 2023(1)【長久手タイムズ】

「ながくてアートフェスティバル 2023」が開催されています。このフェスティバルはアートをきっかけ…

ベルギー ワーテルロー市との国際交流30周年記念フェスティバル開催

1992年、ベルギーのワーテルローと長久手が姉妹都市提携調印式を行ってから30周年を記念し、国際交…

[長久手タイムズ]炎天下、「猫の城」開城!【ジブリパーク】

「猫の城」が開城! チケットがなくても(4歳以上は100円)子供たちが入れる新しい施設との触れ込み…

長久手テント村はどんなところ?!【長久手タイムズ】

先月か、あるいは昨年12月頃からグリーンロード沿いをクルマで移動すると必ず「長久手テント村 オープ…

瓦職人が始めた「いぶしcafe」。長久手大草に東海地方最強の<ひと手間のリッチモーニング>! 【長久手タイムズ】 

長久手市東部里山エリア(TOTONO)にあっと驚くcafeが誕生(2023年10月open)。場所…

大トトロがいる「どんどこ森」は、香流川の水源の一つになっています【長久手タイムズ】

「どんどこ森」があるのは「サツキとメイの家」の裏山。日本庭園の最奥にあります。「どんどこ処」手前に…

PAGE TOP