パブリックヒストリー

尾張藩が水政策で江戸初期に築造。水神様の「八大龍王」が棲むという立石池のこと。

立石池の南側から小高い堤の上へ。

歌碑は、建立した岩作の中根の加藤守松・すずえ夫妻によって建立された。加藤氏の祖父で文人だった加藤善龍氏が詠んだ岩作八景(天保年代 1830~1844)の一つ。

池の北側に建つのは愛知医科大学。愛知県下で唯一ドクターヘリを持つ。医科大学の敷地は、江戸時代初期にもともと池が在った。その池から流れ出る小川を堰き止め築堤し貯水したのが立石池の始まりとなった。現在も調整池として現役の池です。

平成19年に水辺空間を活かした散策路が池の周囲に設けられた。

関連記事

  1. 長久手古戦場:かつて刀を洗った血の池の今
  2. 長久手市「文化の家」開館25周年記念(2023 記録)
  3. 長久手の指定保存樹木を知ってますか(2) No.6~No.10
  4. 家康の家紋「三つ葉葵」と池田恒興の家紋「アゲハ蝶」が一つに:長久…
  5. 「厭離穢土 欣求浄土」- 色金山公園(2)
  6. 火縄銃の音が市内に轟く伝統の警固祭り【長久手タイムズ】(記録)
  7. 世界的アーティスト奈良美智氏が20代に暮らしていた長久手の地
  8. 福島三春町の枝垂れ桜「瀧桜」の子孫に染まる【長久手タイムズ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP