City サイド

市が洞 夏祭り 盆踊り&花火大会 2023 8.27

長久手西南部の南部公園で、市が洞の夏祭り(第13回)が開催されました。このエリアは長久手市の中でも最も新しい新興住宅地で、日進竹の山地区につながる広々としたスマートな商業エリアとあいまって若いファミリーに人気エリアの夏祭りです。そんな盆踊り大会は伝統色の濃い他の地区の夏祭りと一味違ってました。おそらく最も平均年齢の若い盆踊りだったのではと想像します。

新興エリアであり夏祭りもまだ13回目ですが年々パワーアップしているようです。市が洞自治会やみなみ里山クラブ、愛知淑徳大学ほかが連携し段取り、ベテランの女性が進行を司どり大いに盛り上げていました。オーケストラ、ダンスチーム、JAZZミュージックを挟みながら、盆踊りは3部制になっていて、伝統的な盆踊りからダンスミュージック、AKB48の曲など選曲され盛り上がっていきました

提灯や中央の櫓はシンボルツールとして。

地元の市が洞小学校は生徒数1,000人を超えるマンモス校。子供たちが太鼓を叩いて盛り上げた。

盆踊りは「クーテシナーガ」に「東京音頭」「長久手音頭」、それに「Dancing Qeen」や「365日の紙飛行機」など若い子たちが思い想いにノレる曲もかかる。

AKB 48「365日の紙飛行機」がかかった。若い女性や子供たちが主役の盆踊り大会なのだ。

広場で催されたまさに間近で感じる小規模花火大会

関連記事

  1. 「香流川物語 Photo Images」❷ 【長久手タイムズ】
  2. [長久手タイムズ]楽譜が無かった高校の校歌【長久手高校'…
  3. 長久手からつづく東部丘陵で体験するグランピングパークの全容!❶ …
  4. 長久手周遊ライド❷:サイクリスト Hiroki AOYAMAの地…
  5. 長久手コモンヒルズ:2024年 新しい町並みの光景【長久手タイム…
  6. 2023年、訪日欧米観光客が訪れた日本の「市町村」人気急上昇ラン…
  7. 【長久手大草城の歴史とプロジェクトについて】加藤義郎さんに訊く(…
  8. [長久手タイムズ]カッコイイ! 鎧兜を身に纏う 長久手古戦場公園…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP