LIFE & SPORTS

必見!! 「クロガネモチ」=「金持ち」に通じる縁起木が、長久手で唯一の「保存樹林」

長久手市には「保存樹」(保存樹木等指定制度)が、現在No.3〜 No.10まで8本りますが、「保存樹林」、つまり1本の樹だけでなく何本かが集団となって見事な樹林相を保っているのは、岩作(Yazako)の「石作神社」にある「ツブラシイ クロガネモチ」だけです。
一件の価値ある見事な樹林です。ぜひ訪ねてみてください。長久手にこんなところがあったのかと、結構驚かれると思います。

石作神社は、市役所の北側に見えるこんもりした森の中にあります。

境内には、保存樹木の「ツブライシ」の樹が祀られています。
樹齢350年余

保存樹林クロガネモチは境内のどこかにあるのだろうと思ってあちこち探しまわったが見つけられなかった。いったん参道の階段を降りて神社の周囲から大ぶりな樹林を探してみた。右へ行ったり、左へ行ったり、、。これがなかなか見つからない。いったい何処に。

近所の方がちょうど家から出てこられクロガネモチの在処を訊ねてみた。「クロガネモチ」ならあちらの道をずっと行って、右に曲がって真っ直ぐ行ってみてください」とのこと。石作神社の一番西側の端だった。これは分からない。ほっとしてその場所へ向かった。

下から見上げた「クロガネモチ」。左右の木も「クロガネモチ」。そして奥の木も「クロガネモチ」。枝葉が曲がりくねって脳の毛細血管の様に見えてくる。樹枝が意思があるように変幻自在に折れ曲がり空間を埋め尽くしている。こんな場所が長久手市内にあるとは。保存対象が1本の樹木だけでなく、「樹林」だというのがよくわかる。

クロガネモチの木は、普通はせいぜい10m程にしか伸びないが、石作神社のクロガネモチは、18m程もあり、幹周り2.7m、樹齢250年余もある。西暦だと1700年代後半、江戸中期の後半辺りで。なんとも歴史ある樹林となったクロガネモチである。生育環境は日なたから半日陰地を好み、日陰地にも耐えるという。石作神社の森の一番西の端で少し奥まっている。半日以上日陰になるので耐えながら大きく育ったのだろう。

クロガネモチ(モチノキの仲間)は、樹勢も強く街路樹や公園樹、生け垣として植えられることも多い。「クロガネモチ」が「金持ち」に通じることもり「縁起木」として庭木としても好まれます。しかし石作神社のクロガネモチは公園にあるそれとは異なり、樹姿はかなり異なるものです。

関連記事

  1. Agricultural Landscape in 上郷 …
  2. 南部「ほとぎの里緑地」の散策と展望台からの眺望は必見❶【長久手タ…
  3. 家康の家紋「三つ葉葵」と池田恒興の家紋「アゲハ蝶」が一つに:長久…
  4. 長久手の指定保存樹木を知ってますか(2) No.6~No.10
  5. 長久手合戦があった「仏ヶ根公園」- 長久手市の公園巡り❸ 【長久…
  6. 火縄銃の音が市内に轟く伝統の警固祭り【長久手タイムズ】(記録)
  7. 草野球チームやジュニア野球クラブが集う長久手市民野球場
  8. 2024 ヤマトタケルの父、影行天皇を祀る。影行天皇社での迎春 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP