アート&カルチャー

数寄屋造りと彫刻作品の間【古川美術館・為三郎記念館】(2)

名古屋千種区堀割町にある古川美術館・為三郎記念館にて、原風景としての自然の造形物をモチーフに造りつづける彫刻家・森克彦氏の展覧会「彫刻家森克彦展/翼果の帰郷展」が開催されました。今回の展示は、森克彦氏の彫刻作品18点を軸に、森氏に教えを受け同じく彫刻の道をゆく県立旭丘高等学校美術科の卒業生13名の多様な彫刻作品も展示されています。内7名は愛知県立芸術大学・大学院で学び、現在准教授になっている彫刻家。その一部ですが斬新な展示風景を記録にと当メディアに取り上げさせていただきました(会期は終了しております)。

浅野健一作(愛知県立大学大学院美術研究科彫刻専攻終了)「MAREBITO #1 ネオ能格」「MAREBITO #1 ネオ剛の者」岐阜県美術館 円空大賞展

中野岳「始事」(シュツットガルト国立美術大学ファインアート科)

関連記事

  1. 徳川園、白鳥庭園を作庭した佐竹三喜雄氏の手による愛・地球博記念公…
  2. 「蓮ノ宇宙、蓮ノ色」【Nagakute Times Photo …
  3. クルマの誕生と「移動」の革命【トヨタ博物館】(8)
  4. 「絵ものがたりの散歩道〜サツキとメイの家へ」(2)【モリコロパー…
  5. [長久手タイムズ]日本画・美人画を収蔵する名東美術館:枯山水の庭…
  6. 十人十色 仏教テーマパーク五色園 【となりの日進】寄稿:柘植崇…
  7. 「導入の庭・北庭」の水の渦 at モリコロパーク【長久手タイムズ…
  8. 白川郷「合掌造りの家屋」がモリコロパークすぐ近くで体験できる!❶…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

12月1日の長久手古戦場公園の色(記録)

長久手古戦場公園は、長久手合戦が4月9日(天正十二年 1584年)であったこともあり、春の桜こそが…

Tea Room PEONY ウェッジウッドで飲む紅茶の極み【長久手タイムズ】

PEONY(ピオニー)は、古戦場通りから住宅街へ入ったアトリエKunugiの建物の一角にあるティー…

長久手周遊ライド❸:サイクリスト Hiroki AOYAMAの地元長久手ライド

『長久手周遊ライドの三回目です。今回は長久手南部エリアの市ヶ洞から丁子田交差点へさらに南下し、そこ…

マクドナルド、グリーンロード沿いに大きな新店舗、急ピッチで工事中!【長久手タイムズ】

現在、長久手グリーンロード沿い打越交差点のすぐ近くに広がる敷地で大規模な工事が行われています。先だ…

2023年ジブリパークの春

[長久手タイムズ]愛知はカスタムカー&クラシックカー王国なのだ「Paradise Road」(2)

愛知は自動車王国でもあるが、名古屋、そして愛知県としてもクラシックカーを扱う店舗数が全国一多い。そ…

かつて愛知青少年公園にあったロボット館。今でもあのロボットたちの演奏会が見れる!【モリコロパーク】

愛知青少年公園にかつてあった「ロボット館」を覚えてられる方も多いと思います。元々は1970年開催の…

空が近い!小高い丘にある「長湫南部公園」- 長久手市の公園巡り❷ 【長久手タイムズ】

長久手市は愛知県下で、一人当たりの都市公園面積が最も広い自治体です。市内各所に大小さまざまな公園が…

古戦場公園への古民家の移築について❶【長久手タイムズ】

「古戦場公園再整備基本構想」の一環として、かなり長い期間に渡って岩作古民家の調査移築が検討され、二…

「香流川 砂防公園」の桜の木の下で – 長久手市の公園巡り❸ 【長久手タイムズ】

香流川砂防公園は、ブランコも滑り台も、コンビネーション(複合)も無い長久手では珍しい公園です。何が…

PAGE TOP