City サイド

桧ヶ根公園:長久手合戦とワーテルロー市との友好の植樹の地

中央図書館の北側にある桧ヶ根公園(Hinokigane Park)は、長久手市の数ある公園の中でも廣さや場所から重要に位置づけられている公園です。高台にあるため街の中央部や、遠く猿投山方面が眺望できます。意外に大きな公演にもかかわらず、東部や南部、北部の市民には公園名は聞いたことがあってもそれほど利用されていないかもしれません。図書館に寄ったらぜひ足を伸ばして訪れて見てください。

長久手市とベルギーのワーテルロー市は姉妹都市提携を結んでいます。「友好の樹」であるブナが、桧ヶ根公園内に植えられています。

長久手市とベルギーのワーテルロー市は姉妹都市提携を結んでいます。「友好の樹」であるブナが、桧ヶ根公園内に植えられています。

桧ヶ根公園の南側に隣接して建つ長久手市中央図書館。図書館と桧ヶ根公園をセットで訪れる子連れファミリーも多い。

秀吉方の武将である堀秀政が本陣をしいた場所。堀秀政は信長に仕えていたが信長亡き後、秀吉に仕えていた。この地は激闘の場所ともなり、家康方の榊原康政らを打ち破っている。当時は、今の標高より10mほども高く、イメージ的には、この公園の空中にかつてあった土の上で合戦が行われていた感覚でです。

水流が作られ子供たちに人気の遊び場になっている。他に噴水もあり子供たちで賑わいいます。

この広い公園は、「ながくて夏フェス」の会場にしたらどうかと個人的に思っている場所。図書館通りを挟み「文化の家」の対岸にあり、「文化の家」と共同でプログラムクォ組んで「夏フェス」を開くこともできたり、またフィールドは土なので照明やテント、盆踊り櫓も、提灯を吊り下げる柱も容易に立てれる。駐車場に一部「文化の家」を用いれたり、Nバスも利用できる。東部の市民からは遠くなりますが、地元岩作の市民、北部、西部の市民のアクセスも、徒歩や自転車で比較的容易です。

バスケの練習をする若者をいつも見かける。

隣の中央図書館で借りた書籍を読むにはうってつけのベンチもある。

関連記事

  1. 「長久手テント村」グランドオープン!【長久手タイムズ】
  2. 「ジブリパーク となりのセトシ」変化する瀬戸市 !?【長久手タイ…
  3. 「モリコロパーク de 雪あそび」ってどんなイベント?(記録 …
  4. 市が洞 夏祭り 盆踊り&花火大会 2023 8.27
  5. 公園西駅東口に開業するスーパー決定! 東日本を代表するスーパー「…
  6. 「二本松塚」- 長久手合戦の鎮魂の松。現在は桜とムクノキに【長久…
  7. 家康の家紋「三つ葉葵」と池田恒興の家紋「アゲハ蝶」が一つに:長久…
  8. 南部「ほとぎの里緑地」の散策と展望台からの眺望は必見❶【長久手タ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP