パブリックヒストリー

森長可の武蔵塚、紅葉の季節に訪れてみた【長久手タイムズ】

長久手の戦いで27歳で落命した鬼武蔵こと森長可が眠る武蔵塚を訪れるのは、春の桜の季節と秋の紅葉の季節が相応しいでしょう。樹々が多いので季節によって表情を変えます。夏と秋ではずいぶんと風景が異なってみえ、紅葉で葉が落ちる分、見晴らしが効くようになり塚の奥へと足を踏み入れてみてください。

森長可(ながよし)は、織田信長とともに本能寺の変で落命した森蘭丸の兄。小牧・長久手の戦いでは秀吉方に与しました。現在の古戦場公園から西方にある仏が根の地で最後を迎えることになります。古戦場公園からは徒歩で数分の、住宅地を抜けたところにあります。

関連記事

  1. [長久手タイムズ]長久手の石と名古屋城の石垣とのちょっとした関係…
  2. 長久手にある「指定保存樹木」のこと (1)【長久手タイムズ】
  3. 観音堂 九万九千日祭り at 安昌寺 8月10日(木曜)
  4. 「となりのトトロ」に描かれたような鎮守の森。ジブリのすぐ近くにあ…
  5. [長久手タイムズ]カッコイイ! 鎧兜を身に纏う 長久手古戦場公園…
  6. [長久手タイムズ]再訪 ! 仏教テーマパーク五色園 【となりの日…
  7. 長久手市「文化の家」開館25周年記念(2023 記録)
  8. 長久手には、かつて「旅館」があった! 旧道、岩作商店街を巡る❷ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP