パブリックヒストリー

「厭離穢土 欣求浄土」- 色金山公園(2)

床机石のある頂上を辿ると木板で敷き詰められた広いテラスと櫓が見えてきます。方角は南西側が開けていて、長久手の街並みが望めます。大型商業施設アピタの看板がすぐ目に入りますが、その手前が最も激しい長久手合戦があった一帯です。

家康はこの色金山で軍議を開いて後、岩崎城から引き返してくる秀吉方の池田隊や森長可隊と対決するため、兵を進め、西方に見えるこんもりした森の山の御旗山に布陣します。

「厭離穢土 欣求浄土(おんりえどごんぐじょうど」とは、大河ドラマ「どうする家康」で「桶狭間の合戦」後に元康(家康)が辛くも逃げ込んだ大樹寺で、住職が自死を覚悟した家康を諭した言葉だという逸話が残されています。
「穢れた現世を逃れ清らかな仏の国(あの世)に生まれることを望む」という仏の教えを説いたもの。「穢土」=戦国の世、浄土=平和な世ですね。家康はその後、平和な世をつくり出すためにこの「厭離穢土 欣求浄土」を旗印に挙げたと言われています。

色金山より家康が見ていたであろう当時の景色のあり様が描かれています。当時すでに建てられていた影行天皇社、長久手城跡などが、「尾張名所図会」を参考に描かれています。

「家康軍議の図」1996年 夢童由里子 作 床机石から展望し、軍議を寝る家康の姿。テラスの下側にまわると大きな2つの作品を見ることができます。

関連記事

  1. 長久手市「文化の家」開館25周年記念(2023 記録)
  2. 幕末から明治初期にあった長久手の寺子屋のこと。科目に「読書」が多…
  3. [長久手タイムズ]長久手の石と名古屋城の石垣とのちょっとした関係…
  4. 徳川四天王が唯一揃った長久手合戦(1)【長久手古戦場資料館】(記…
  5. 古戦場公園再整備工事始まる❶〜3つの築山は真っ平になる直前!【長…
  6. はや満開! 日本三大桜「根尾谷淡墨桜」の植樹、残りの2カ所は何処…
  7. 【鬼武蔵・森長可が改築した大草城】加藤義郎さんに訊く(2)
  8. 「大草のねこ物語」【長久手タイムズ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

古民家移築❷ 再利用可能な部材のみ活用? 部分移築か?【長久手タイムズ】

市の古民家取り扱い方針は昨年次のように決定していました。「記録を残した上で、古民家の再利用可能な一…

市が洞 夏祭り 盆踊り&花火大会 2023 8.27

長久手西南部の南部公園で、市が洞の夏祭り(第13回)が開催されました。このエリアは長久手市の中で…

鬼武蔵・森長可最期の地【長久手の戦い】

大河ドラマ「どうする家康」でも前回放送で初めて登場した大将の一人森長可。破天荒な役を俳優の城田優が…

[長久手タイムズ]SHOPPING in the City

杁ヶ池公園駅前の商業施設アピタでのショッピングを終え、まだ少女とも言えない小さな女の子が、杁ヶ池…

[長久手タイムズ]カーカルチャーと触れる時【トヨタ博物館(1)】

長久手市は自動車好きにとって万博のような街です。その中心にあるのが日本と世界の貴重なクラシックカー…

「大草のねこ物語」【長久手タイムズ】

市の東部の里山エリアを見守るかのように鎮座する招きねこの石像です。戦前の昭和10年頃につくられたと…

サツキとメイの家のお正月【長久手タイムズ】

2024年(令和6)年が始まりました。「サツキとメイの家」にもお正月がきました。これは1月吉日の記…

長久手にあるメキシコ美術館に行ってみた!② 【長久手タイムズ】

長久手はメキシコと長年、故伊藤高義画伯(2011年84歳で逝去)を通じて人的交流を、そして画伯の作…

Place N. of 長久手(1)「喜婦嶽」

Place N. = 地名(1)「喜婦嶽」PlaceN. とは、PLACE NA…

ながくてアートフェスティバル〜老舗和洋菓子店での作品展示(4)【長久手タイムズ】

「ながくてアートフェスティバル」の特徴は、実際に営業している店舗での展示が半数近くあることだろう。…

PAGE TOP