LIFE & SPORTS

瓦職人が始めた「いぶしcafe」。長久手大草に東海地方最強の<ひと手間のリッチモーニング>! 【長久手タイムズ】 

とにかくお店に来て驚かされるのは斜めに伸びている屋根瓦だろう。「むくり屋根」という。淡く銀色に輝く三州のいぶし瓦が葺いてあります。三州瓦は愛知県高浜市が産地で日本の約8割が製造されているとのこと。

もの凄い傾斜の瓦屋根。瓦を葺く新築住宅がほんと少なくなってきたなかこの発想。瓦職人集団ならではです。

内観にも日本の伝統的工法が随所に。障子が嵌め込まれた半円窓からの自然光が柔らかく「和」空間を照らし出します。テーブルの一枚通しの木、そして座りやすい木の椅子。

鬼瓦の箸置き

愛知の間伐材を用いてつくった燻製オイルと燻製しょうゆなどの調味料  /  モーニングのセットメニューとドリンク

人気のランチメニューにドリンク。コース仕立てのランチは、京都の老舗料亭で修行を積んだ一流料理人が手がけてられます。
「瓦職人」×「食の職人」の世界。今後、日本は様々な「職人」「専門家」がリードしていく時代になると予測されてますが、「職人」の掛け合わせは今後流行るに違いなし。

DRINK チケット思わず購入。1月初旬の6日間だけ、明日まで購入できるとのこと。モーニングにも使える。

ふと上を見上げると、、

三州瓦と木曽石でつくられた入り口前のお庭が迎え入れてくれます。「和」の空間が大胆に発想されています。近くにイロハモミジの樹が植えられています。

cafeの横にある建物。創業120年の老舗瓦屋さん「坪井利三郎店」(本社:名古屋市瓦町)がcafeの運営会社。

「KAWARANT(瓦んと)」とは、「職人のイメージを変えたい!」「瓦を後世に残していきたい!」との想いのメッセージ。昔から瓦工事業を営んでいた長久手のこの地で古い工場(作業場)をリニューアル、隣のスペースにcafeと、工場内に子供も楽しめるフリースペースや屋外テラスが設けられています。

道路前方が瀬戸市方面。電信柱の下に名鉄バスのバス停「長久手大草」が見える。バス停と店舗の間に広い駐車場があります。

関連記事

  1. 心も体まるっと風雅に浸れる「安江」の手打ち蕎麦【長久手タイムズ】…
  2. 「モリコロパーク de 雪あそび」ってどんなイベント?(記録 …
  3. 「香流川物語 Photo Images:熊張橋〜高根橋〜石田橋」…
  4. Tea Room PEONY ウェッジウッドで飲む紅茶の極み【長…
  5. 長久手周遊ライド❸:サイクリスト Hiroki AOYAMAの地…
  6. 旧市川家住宅は訪ねておきたい古民家です(となりの日進)【長久手タ…
  7. 【提言】長久手のふるさと納税返礼品に「体験型」を
  8. 「もりの学舎」❶ 子供たちが「自然あそび」できる環境学習施設【…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP