LIFE & SPORTS

第34回クラシックカー・フェスティバル in 長久手【長久手タイムズ】

長久手市の秋の風物詩となった「クラシックカー・フェスティバル」(トヨタ博物館主催 10月22日開催)。第34回のフェスティバルはコロナ禍明けということもあり、大勢のファンや市民がパレードの沿道を、そして午前11時ころには、セレモニー会場や体験ゾーンがあるモリコロパーク大芝生広場に集まりました。総勢120台! 加えて博物館からの展示車両もあるので大変な台数です。クラシックカー・フェスティバルが開催される街は、日本でもかなり限られます。長久手市が紹介される街情報に、盛大な「クラシックカー・フェスティバル」が毎年開催される街と、今後紹介されるようになるかも知れません。

朝9時半に公道パレードスタート。グリーンロードを名古屋方面に向かい、長久手南部の市が洞、日進岩崎竹の山に進み、古戦場通りを北上、長久手市役所前を進み、長久手東部の里山エリアを抜けモリコロパークへ。120台のすべての車両が到着するのは午前11時頃。

リニモの杁ヶ池公園駅近くの杁ヶ池交差点でのクラシックカーパレードの様子。朝早くにもかかわらず、どの沿道にも市民たちの姿が見られました。手を振るとドライバー達も手を振ってこたる風景はクラシックカーパレードならではです。

公道の各所に立つ地元の市民や見学に訪れた人たち。

No.69 マツダルーチェAPワゴン 1975年

IKEA手前の熊田交差点で。車内を花束を飾ったファミリー。パレードをとても楽しんでられました。ドライバーに沿道から声をかけることなど日常ではあり得ないので、こうした交流もまたクラシックカーパレードですね。

福井から1967年式トヨタDAYNAに乗ってやって来たイカしたお兄さん達!

モリコロパークの大芝生広場でのオープニングセレモニーの開催の様子。左奥に見える建物は、スケートリンクとジブリの大倉庫。

トヨタ博物館所有のクラシックカーの試乗撮影会

ニッサン セドリック 1961年とプリンス グロリアスーパー6 1963年

1973年のデ・トマソ・パテーラ / MGミゼット J2 1933年

No.50 キャデラック ブロアム 1990

湘南からやって来たゼッケンナンバー40のフォードモデル40(1934年)

天候に恵まれた1日でした。お疲れ様でした!

関連記事

  1. 長久手コモンヒルズ:2024年 新しい町並みの光景【長久手タイム…
  2. 「出没! アド街ック天国 : 長久手&ジブリパーク」
  3. 長久手合戦があった「仏ヶ根公園」- 長久手市の公園巡り❸ 【長久…
  4. 空が近い!小高い丘にある「長湫南部公園」- 長久手市の公園巡り❷…
  5. 南部「ほとぎの里緑地」の散策と展望台からの眺望は必見❶【長久手タ…
  6. 古民家移築❷ 再利用可能な部材のみ活用? 部分移築か?【長久手タ…
  7. 小麦アレルギーがあっても美味しいバームクーヘン! at あぐりん…
  8. 旧市川家住宅は訪ねておきたい古民家です(となりの日進)【長久手タ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP