アート&カルチャー

超モダンと伝統的水景が対地された「日本庭園」の秋(2)【愛・地球博記念公園】

回遊路からのかえで池。

「導入の庭:北庭」から「めだか池」の畔を散策し茶室のある方へ。主庭はさらにその向こう側に広がる。

モリコロパーク内の15ケ所にある「ジブリパーク」の置き忘れもの。これはタケノコ、、多分一番大きな大きな忘れ物だと思われます。忘れ物場所としては最も発見が難しい場所にあるかも。それだけに先から見えるように巨大にしたのだろう。

「めだか池」の畔にある竹で作られた鄙びた門構え。

「かえで池」の水面もまた秋となる。

「日本庭園」の西側に広がる林床花園の森林の中を抜けていくとジブリの大倉庫へ。

関連記事

  1. 世界的アーティスト奈良美智氏が20代に暮らしていた長久手の地
  2. 【映像記録2022/11/12】 祝ジブリパーク開園花火大会
  3. 長久手市「文化の家」開館25周年記念(2023 記録)
  4. パーク内のどんぐりで育った「2世の森」が成長中 – …
  5. [長久手タイムズ]公園西口から:こいの池の夏を抜けて
  6. 秋晴れと、秋桜と。モリコロパークの今【長久手タイムズ】
  7. [長久手タイムズ]ルネ・ラリックのカーマスコット【トヨタ博物館(…
  8. 「しばらく田舎にいると東京が恋しくなる。東京に戻ると田舎が恋しく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

災害時の倒木の危険による伐採:色金山南側 県道215号線 脇の崖【長久手タイムズ】

色金山歴史公園の南側、県道脇の樹木の伐採と除草が行なわれました。元々、県道215号・田籾(たもみ)…

「茶室 香流亭」本格の和空間で一服【長久手タイムズ】

「茶室 香流亭」は、モリコロパークの日本庭園にある本格的な和の茶室です。ジブリパークの「どんどこ森…

【提言】長久手のふるさと納税返礼品に「体験型」を

現在、長久手市の「ふるさと納税返礼品」は、鰻の蒲焼、チーズ、牛肉、珈琲豆などさまざまな美味…

長久手市内に1キロつづく紅葉並木があります at 愛知県農業総合試験場内

長久手市内の秋の紅葉の名所といえば、モリコロパークの日本庭園や色金山歴史公園(茶室の枯山水庭園も含…

小牧・長久手合戦に同行した側室であり側近である「阿茶局」。一族の出自と末裔が明らかに。

執筆:小林鑛一(こばやしこういち):郷土史研究家 長久手市郷土史研究会会員NHK大河『どう…

南部「ほとぎの里緑地」の散策と展望台からの眺望は必見❶【長久手タイムズ】

「ほとぎの里緑地」には、これまで長湫南部公園の裏手側から20分ほど森林の中を歩いて途中で住宅街へ降…

[長久手タイムズ]県芸スナップショット(1) – Modernism 撮影:中野淳

美大を目指していた高校生の頃、美術研究所ではみな『県芸』と呼んでいたし、 実家から車でも 10 …

数寄屋造りに森克彦氏の彫刻作品【古川美術館・為三郎記念館】(1)

去る6月に名古屋千種区堀割町にある古川美術館・為三郎記念館にて、長久手市の愛知県立大学美術科彫刻専…

梅雨に濡れた紫陽花の美しさ:モリコロパーク

モリコロパークでは、いま紫陽花(あじさい)が満開です。大花壇とは別の場所、南口の…

ジブリパーク夕暮れショット

PAGE TOP