里山 サイド

里山・TOTONOの春

TOTONOの春

とくに自然豊かな里山地区である長久手市の東部(TOTO NO トト野)は、田圃が広がっているため季節感が豊かに現れます。
その田圃の中ほどを東から西へと香流川が流れています。川添いには、モリコロパーク西口(IKEA前)から、長久手温泉の「ござらっせ」まで約1.8キロの間、両岸に遊歩道が整備されていて、TOTONOの景色を楽しみながら約1時間、2キロ程をゆっくり散策できます。

腰をおろし何かを摘んでいる女性に声をかけると、それはゼンマイでした。名古屋の千種区から毎年この季節と秋口になると数回訪れ散策し春には美味しいゼンマイがとれるとのことでした。

里山のTOTONOの中央部を流れる香流川は、地域一帯の田圃に新鮮な水を供給します。川には、メダカやカメが生息しています。昭和時代は、岩肌が露出した川べりもありましたが、平成時代に徐々に整備され、両岸に遊歩道が設けられ、今では地元の人たちだけでなく、市外からも多くの人が散策に訪れています。

関連記事

  1. 小麦アレルギーがあっても美味しいバームクーヘン! at あぐりん…
  2. 長久手からつづく東部丘陵で体験するグランピングパークの全容!❶ …
  3. 「長久手里山基本計画」が重要になってくる訳 / 大災害と里山【長…
  4. 長久手里山には<日本の有機珈琲>のパイオニア「OKINO 」があ…
  5. 「しばらく田舎にいると東京が恋しくなる。東京に戻ると田舎が恋しく…
  6. 【鬼武蔵・森長可が改築した大草城】加藤義郎さんに訊く(2)
  7. 里山に光る300匹の平家蛍と源氏蛍
  8. 【長久手大草城の歴史とプロジェクトについて】加藤義郎さんに訊く(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

【提言】長久手のふるさと納税返礼品に「体験型」を

現在、長久手市の「ふるさと納税返礼品」は、鰻の蒲焼、チーズ、牛肉、珈琲豆などさまざまな美味…

「大草のねこ物語」【長久手タイムズ】

市の東部の里山エリアを見守るかのように鎮座する招きねこの石像です。戦前の昭和10年頃につくられたと…

超モダンと伝統的水景が対地された「日本庭園」の秋(2)【愛・地球博記念公園】

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内にある「日本庭園」は、名古屋の二大庭園と言われる「徳川園」と…

古戦場公園整備工事の現況❸〜築山はすっかり姿を消した【長久手タイムズ】

長久手古戦場公園再整備工事の初期スキームにあたるであろう3つの築山の取り崩しが2月に入って一気に進…

街なかパン屋さんBENKEI長久手店、 15周年記念イベントに出会った

リニモのはなみずき通り駅のすぐ前にある「ニッポンのパン」をコンセプトにしたパン屋さん「boulan…

劇画「小牧・長久手の戦い〜Battle of Komaki -Nagakute」:2,000部増刷決定!【長久手タイムズ】

『劇画 小牧・長久手の戦い〜 激突 秀吉と家康』の存在を知ったのは、色金山公園にある茶室内のことだ…

里山・TOTONOの春

TOTONOの春とくに自然豊かな里山地区である長久手市の東部(TOTO NO トト野…

里山に光る300匹の平家蛍と源氏蛍

長久手東部里山の大草丘陵の奥地。大草公会堂の奥、曹洞宗永見寺さんの右横の小径を通り大草児童公園をさ…

「春の女神の丘」へ:モリコロパーク

ジブリの大倉庫の奥に見える稲楼門を抜けていくと木造りの歩道が見えてきます。奥に進むとサツキのメイ…

2024年12月、藤が丘に高層ホテルが誕生!〜「となりの藤が丘・名東区」【長久手タイムズ】

ジブリパークのフルオープンを1カ月後に迎え、藤が丘駅前のホテル建設が急ピッチで進んでいます。すでに…

PAGE TOP