アート&カルチャー

長久手にあるメキシコ美術館に行ってみた!② 【長久手タイムズ】

伊藤美術工房・タカヨシメキシコ美術館 遠景

ルフィーノ・タマヨの「笑う女」(1950年頃)/ アルフレッド・ラモス・マルチネスの「ウィチョール族の男」

伊藤画伯の娘さんの和田小織さん(現在、伊藤美術工房の代表兼講師)にメキシコ美術館ができた経緯からお父様が収集されてきたものの事、美術館の現在の状況、お父様との数々の思い出、また和田さんご本人が長野松本から再び長久手にUターンしてきた事情などたくさんの興味深いお話を伺いました。


上の左のオブジェは伊藤画伯ご本人と思われます。

メキシコの画家が日本を訪れ、メキシコ美術館を訪問した際に、「私の絵がここにある!」と驚いたというように、メキシコの画家にとっても伊藤画伯は特別な存在であり続けていました。

なんとも驚くのが、ここに収蔵されているすべての仮面、人形、作品、オブジェ、陶器類、衣類は、かつて伊藤画伯が必ず自らの手荷物として日本に持ち帰ったものだという。
その多くは作品の資料でもあり、帰国してからは時を忘れて作品制作に没頭し、絵が売れるとまたメキシコへ旅立って行ったといいます。

故・伊藤高義画伯 メキシコ版画101選集「メキシコわが心の旅」より – 掲載版画作品

発行日:2003年11月11日
発行者:伊藤美術工房、伊藤高義
企画:ギャラリー スミ

メキシコ版画100景集『私のメキシコ』(1985年刊)の出版後、メキシコ国立芸術の招待できた、メキシコ市コヨアカンのギャラリーとタコス市の芸術院ギャラリーで展覧会が開催されました。「メキシコと日本の最も良い所を融和した作品」であると多くのメキシコの新聞各紙でお大きく報道されました。
その後、シルクスクリーンの方法をやめ、伊藤画伯独自の自画自刻自刷の「多色刷木版画」に行き着いています。

「まつりの行進する街」Ciudad durante La Procesion 1980 Silkscreen

「献花」Ofrenda de Flores 1983 Silkscreen

「マヤ遺跡への道」 Camino a la Ruina de Maya 2002 木版

「ラ・マラゲーニャ」 La Malaguena 1983 Silkscreen

「タスコ風景」 Paisaje de Taxco 1993 木版 1993 木版

「ナワ族のケシケミ」 Quexquemitl de Nahua 1984 Silkscreen  / 「蜂鳥と果物」Colibri y Frutas 1985 Silkscreen

「ブーゲンビリアの花の下で」 Bajo la Buganvilla 1988 木版

Map上の表示 伊藤美術工房に「メキシコ美術館」は隣接しています。
        館全体の正式名称は、「伊藤美術工房・タカヨシメキシコ美術館」
        住所:愛知県長久手市熊張字北浦2518-493
        訪館電話予約要:090-3565-7902(和田まで 連絡時間 午前10時〜17時)

関連記事

  1. 長久手からつづく東部丘陵で体験するグランピングパークの全容!❶ …
  2. リニモ公園西駅前にスーパーが2025年度開業します【長久手タイム…
  3. 「香流川 砂防公園」の桜の木の下で – 長久手市の公…
  4. 「ゲゲゲの鬼太郎」の絵が長久手に?! 犬山と長久手、その数奇な運…
  5. 長久手にあるメキシコ美術館を知ってますか?!❶【長久手タイムズ】…
  6. [長久手タイムズ]愛知はカスタムカー&クラシックカー王国なのだ「…
  7. コンサート コリン・カリー・グループ
  8. [長久手タイムズ]となりのトトロの時代のクルマ【トヨタ博物館(3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

[長久手タイムズ]県陶芸美術館リニューアルへ【となりの瀬戸市】

長久手と瀬戸にまたがる東部丘陵の森の中にある愛知県立陶磁美術館(Aichi Prefectual …

駒村和廣さんが市民に無償で提供している竹の杖のこと【長久手タイムズ】

長久手市内の南小校区共生ステーションを始め幾つかの共生ステーションや何ヶ所かの高齢者施設には、なん…

SATOYAMA WOODLAND Memoire (2)【Nagakute Times Photo Gallery】撮影:中野淳

『21世紀のこの時代、田舎に戻ると気づくことが沢山ある。子供の頃よりも少しずつ整備されていて、いつ…

[長久手タイムズ]下平淳一氏(2):日本初のローライダークラブを創設

下平氏が1985年、25歳の時に発足したのが、後に日本で最初のローライ…

「ジブリパーク となりのセトシ」変化する瀬戸市 !?【長久手タイムズ】

陶都・瀬戸市がジブリパークがオープンしたことで変わり始めているようです。すでに2022年の第一期ジ…

「香流川物語 – Pictures」❶【長久手タイムズ】

長久手市を南東部から北西部へと流れる香流川は、尾張と三河の境となる長久手市東端の三ヶ峯(さがみね)…

えっ?!白川郷の「合掌造り」がこんな近くにあるの!東部丘陵の自然の中 ❷(となりの瀬戸市)【長久手タイムズ】

1960年代初頭に白川郷から移築されていた合掌造りをパークのシンボルとしたWOOD DESIGN …

長久手のかつての中心地・岩作商店街を巡る❶ 【長久手タイムズ】

現在、長久手で大いに発展をとげ商業地になっているのは、西部と南部エリアですが、かつて大正〜昭和時代…

「蓮ノ宇宙、蓮ノ色」【Nagakute Times Photo Gallery】撮影:中野淳

『ここは里山の片隅。かつて豊臣秀吉との大一番を前に、徳川家康が陣を張った色金山への道すがら、家康も…

なぜかルーズヴェルト大統領専用車が【トヨタ博物館】(5)

第32代アメリカ大統領フランクリン・ルーズヴェルトの専用車がトヨタ博物館にある。1939年式「パッ…

PAGE TOP