パブリックヒストリー

長久手古戦場:かつて刀を洗った血の池の今

「小牧長久手の戦い」の長久手合戦主戦場近くにあった池の跡地である。この池で勝ち戦になった徳川方の武将、将兵らが刀や槍に付着した敵の血を洗い流したと伝えられている場所です。昔から合戦があった4月9日頃になると池の水が赤く染まったと言い伝えられています。

長久手古戦場公園から500m、徒歩6分。森長可の武蔵塚からはすぐ近くです。

昭和53年(1978年)に撮られた実際の血の池の記録写真。引用:長久手市公式サイト資料

徳川方の武将らが刀や槍に付着した敵の血を洗う際に武具をかけた「鎧掛松」は、現在の松は植栽されたもので3代目になるとのこと。以前の松は松食い虫にやられ朽ちてしまった。

現在、血の池公園は指定緊急避難場所になっている。

関連記事

  1. 古戦場公園整備工事の現況❸〜築山はすっかり姿を消した【長久手タイ…
  2. 尾張藩が水政策で江戸初期に築造。水神様の「八大龍王」が棲むという…
  3. 桧ヶ根公園:長久手合戦とワーテルロー市との友好の植樹の地
  4. 影行天皇はあの卑弥呼の弟?! 影行天皇社のもつパワー❷ 【長久手…
  5. ベルギー ワーテルロー市との国際交流30周年記念フェスティバル開…
  6. 12月1日の長久手古戦場公園の色(記録)
  7. 古戦場公園再整備工事始まる❶〜3つの築山は真っ平になる直前!【長…
  8. 幕末から明治初期にあった長久手の寺子屋のこと。科目に「読書」が多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP