ジブリパーク

3月16日フルオープン「魔女の谷」の今。大きな柵がとれ全貌が見えてきました【長久手タイムズ】

フルオープンに向け駐車場の脇のお花畑も植え替えが行われ準備、整備が各所で行われています。

左手に「ジブリの大倉庫」

時計のあるエレベーター塔の上からの眺望。ハウルの城、魔女の家などが樹々が冬枯れになり姿を現しだしました。白い高い工事用の壁も取れました。初期設計図では建物の右前方に池があって、池の周りを散策できる回遊式庭園があるようです。最終的にジブリ式洋風庭園になるようです。。

建物の施工は鹿島建設。設計(図面作製などの基本設計)+管理業務が日本設計(東京・新宿)。スタジオジブリがデザインを監修しています。
日本設計は、「三鷹の森ジブリ美術館」を設計した会社ですね。ジブリパークにはジブリの世界観を再現することから、映画作品の著作権を管理するスタジオジブリの監修と、ジブリの世界観の設計はもうこの会社しかないということで、スタジオジブリと日本設計の2社は特例措置による随意契約となっています。入札は行われませんでした。日本設計もまたそうだったんですね。「三鷹の森ジブリ美術館」での実績と長年の信頼関係ということですね。「魔女の谷」以外も、日本設計が、設計・管理を全面的に担当しています。

丸い穴が空いた不思議な時計とシュールな塔が入り口の手前にあります。

レストラン棟が池の畔に建つそうです。その建物はれんが造りで、「半田赤レンガ建物」(愛知県・半田市)のイメージに近いとのことです。

「魔女の谷 Valley of Witches」の入り口ができあがっています。

「魔女の家」ですね

「ハッター帽子店」や「グーチョキパン屋」、「ハウルの城」などが奥に連なっています。

関連記事

  1. 「猫の城」8月オープン:ジブリパーク
  2. かつて愛知青少年公園にあったロボット館。今でもあのロボットたちの…
  3. モリコロパーク:初秋への入り口
  4. 紅葉と池が織りなす水景 /「どんどこの森」へとつづく「日本庭園」…
  5. 大トトロがいる「どんどこ森」は、香流川の水源の一つになっています…
  6. 「冬青の実:絵ものがたりの散歩道」(1)【モリコロパーク】
  7. 子供たちが自然と遊びスイッチが入る児童館【モリコロパーク 県児童…
  8. 超モダンと伝統的水景が対地された「日本庭園」の秋(2)【愛・地球…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

[長久手タイムズ]「トカイナカ=都会+田舎」の長久手

「トカイナカ」とは、都会と田舎の中間地点に暮らして両方のメリットを享受するライ…

杁ヶ池公園の秋色を訪ねて(1)【長久手タイムズ】

杁ヶ池公園(いりがいけ)はリニモの杁ヶ池公園駅から歩いて5分程のところにあります。散策に、気分転換…

【提言】長久手のふるさと納税返礼品に「体験型」を

現在、長久手市の「ふるさと納税返礼品」は、鰻の蒲焼、チーズ、牛肉、珈琲豆などさまざまな美味…

空が近い!小高い丘にある「長湫南部公園」- 長久手市の公園巡り❷ 【長久手タイムズ】

長久手市は愛知県下で、一人当たりの都市公園面積が最も広い自治体です。市内各所に大小さまざまな公園が…

ベルギー ワーテルロー市との国際交流30周年記念フェスティバル開催

1992年、ベルギーのワーテルローと長久手が姉妹都市提携調印式を行ってから30周年を記念し、国際交…

[長久手タイムズ]県道57号 瀬戸大府東海線の現在(1)

県道57号は、名古屋の東側・尾張東部エリアを、名古屋環状2号の外側に設定された幹線道路。南は名古屋…

石遊展 at 香流亭 モリコロパーク 【長久手タイムズ】

モリコロパークの日本庭園・茶室香流亭で開催されている「香流 石遊展」(主催:香流石遊会)の展覧会の…

福島三春町の枝垂れ桜「瀧桜」の子孫に染まる【長久手タイムズ】

長久手東部里山にある福祉の家・天然温泉「ござらっせ」の周りが3月末から紅色に色づいています。福島の…

「長久手里山基本計画」が重要になってくる訳 / 大災害と里山【長久手タイムズ】

長久手市には「長久手市里山基本計画」(2019〜2025年度)が策定されていてこの「里山プラン」が…

「モリコロパーク de 雪あそび」ってどんなイベント?(記録 開催日2/10~12)【長久手タイムズ】

今年の冬は、長久手市も雪がほんと積もらなかったですね。確かに1月に1日だけ雪が降って1〜2cmほど…

PAGE TOP