LIFE & SPORTS

Garden & Cafe アルキペラゴの「種祭」に潜入!【長久手タイムズ】

500坪のガーデンの中に庭・景観設計施工会社のブルームアンドブルーム、植栽を扱うGogreen、カフェやショップがあります。ARCHI ・PEL・AGOとは、「ひと」や「こと」の連なりを示し、海原に浮かぶ小さな島々の集まりのようにと想起し名付けられたとのこと。

どちらのお店もこだわりの商品を扱ってられ気になるものばかり。長久手市外の出店者も多くいらして交流がなされていました。

パーマカルチャーとは、ガーデンだけのことでなく幅広の「農的暮らし」のこと。里山の資源を活かした暮らしでもあり、「アーバン・パーマカルチャー」とは、都会でのパーマカルチャーをいいます。都市にほんの小さな里山を作ることもその一歩です。
「パーマカルチャー」は、アジア(もちろん日本を含む)をルーツにした、人と自然が共存する社会をつくりだし、自身の暮らしや社会・環境を再生する手法です。

「パーマカルチャー」という言葉自体は、1970年代にオーストラリアのタスマニア島で暮らしていたデビッド・ホルムグレンとビル・モリソンが作った造語。パーマネント (permanent) とアグリカルチャー (agriculture) を組み合わせ「永続する農業」という意味が込められている。最近ではそれぞれの国や地域の文化に根ざした永続的な手法へと解釈が広がっています。

ヒフミヨイ農園を経営する青柳努さん。じつは長久手の夏フェスではお馴染みのシンガー「二代目ハナ・ミズキ」(岩作永吉さん)。手にしてられるのはCD『愛の古戦場』(by ハナ・ミズキ&シモゴンダス)。
すでにご存知の方以外に、「愛の古戦場」「長久手ござらっせ踊り」を収録したCD『愛の古戦場』をあらためて後日紹介致します。

こちらのお酒は杁ヶ池公園近くの「長久手の台所 風と虹」でも提供されているとのこと。


*尚、撮影はスタッフ井上さんに許可を頂きました。

関連記事

  1. 公園西駅東口に開業するスーパー決定! 東日本を代表するスーパー「…
  2. 長久手周遊ライド❷:サイクリスト Hiroki AOYAMAの地…
  3. 杁ヶ池公園の主、駒村和廣さんに聞く「夢の公園」の未来図(4)【長…
  4. 「しばらく田舎にいると東京が恋しくなる。東京に戻ると田舎が恋しく…
  5. 「もりの学舎」❶ 子供たちが「自然あそび」できる環境学習施設【…
  6. ChatGPTに長久手市について訊ねてみると!?【長久手タイムズ…
  7. マクドナルド、グリーンロード沿いに大きな新店舗、急ピッチで工事中…
  8. 平均年齢が日本一若い長久手市

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP