里山 サイド

TOTONOの5月・田植え

モリコロパーク・ジブリパークにつながる長久手東部の里山エリアには、昔ながらの田園風景が広がっています。大型連休が明けるとあちこちで田植えがはじまります。場所によってはここ各所に主に地元の住民の家族が住む新しい家が建ち出していますが、全体的に昭和時代の風景が多く残り、久しぶりに訪れる人は「あまり変わってないなあ」と思うようです。

最初の写真の道の奥を曲がるとかつて上郷保育園があり、子供たちの通園の道になっていました。現在は手前の丘陵に木造の真新しくモダンな上郷保育園が建っています。児童数はどんどん多くなり昭和時代に比べ数倍の子供たちが通っています。

この写真は、つい先ごろ撮ったもので、特別に狙ったものではないですが、モノクロに切り替えるだけで、そのまま昭和時代の風景といっても通じるほどになります。

関連記事

  1. 「5カ年加速化対策」進行中 – 県道57号線道路工事…
  2. 幻のコメダ珈琲長久手店〜 公園西駅近く、創業の面影残すレトロ&ノ…
  3. Garden & Cafe アルキペラゴの「種祭」に潜入…
  4. 「香流川 砂防公園」の桜の木の下で – 長久手市の公…
  5. 里山に光る300匹の平家蛍と源氏蛍
  6. 「香流川物語 Photo Images:熊張橋〜高根橋〜石田橋」…
  7. 「ゲゲゲの鬼太郎」の絵が長久手に?! 犬山と長久手、その数奇な運…
  8. 里山の道端から見える蓮の花:地元の名所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP