里山 サイド

「香流川物語 – Pictures」❶【長久手タイムズ】

『香流川物語』 小林元 著
昭和52年(1977年)初版発行 / 発行所 中日出版社

1930年名古屋市生まれ
長久手町史編纂室員
長久手町郷土資料館運営委員

副題:長久手・猪子石の今昔
香流川 / 猪子石への道 / 岩作への道 / 長久手の合戦 / 岩作の歴史 / 長湫 / 前熊 / 大草のむかし / 北熊 / 猿投合宿 / 農民のくらし etc.

長久手市の最も東端(豊田市と接しています)にある三ヶ峯地区。このあたりは古くからの住居群と、最近開拓されたコモンヒルズやクリサンテームヒルズといった分譲住宅街が形成されています。その新住宅地の手前にある古くからの池。ここからも香流川へと水が注がれています。

香流川の源流は、ここから東へ1km程の所

香流川・砂防公園は、大昔より大雨の際には土砂の流出が多く、流域に水害をもたらしていました。そのため三ヶ峰から流れ下る土砂を田圃地帯に来るまでに前もって防ぐために設けられ現在は「砂防公園」となっています。
現在も大雨の時は、大量の土砂が流下しますが、土砂が下流に流れ行かないよう溜める工夫が土木技術的になされています。

流出した土砂は砂溜工で留まるため、砂防公園から下流は、再びせせらぎのような流れとなっています。

モリコロパークの南東にある池。公園南口の駐車場近くです。この左手に「フィールドセンター もりの学舎」があり、その前を通る道は、サツキとメイの家へたどるもう一つの道となっています。資料的には、モリコロパーク内の各所にある水系も、香流川の水源の一つに数えられています。

「かめの池」から流れ出た水は、すぐ近くの紫陽花の園を抜けてむう一つ下流の池に流れていきます。

香流川の水源の一つ(支流とも)は、モリコロパークの中にある幾つもの水系にあります。

このトンネルの500mほど向こう側には、「あいち里ラボ」、そしてジブリパークの「もののけの里」があります。

ジブリパークの「青春の丘」の前を涼しげなせせらぎとなって流れていきます。

透明感のある小川はスケート場とジブリの大倉庫の手前にある小さな池へと流れていきます。

モリコロパークのすぐ南側が宅地化され、新しい家が建ち並んでいます。
この一帯の地名は江戸時代以前より「石場」という地名で(現在も長久手市石場)、古くから良質な石が切り出されていた場所でした。

石場橋から少し下流にある橋です。

さらに100メートル程、下流に出るとリニモの「公園西口駅」が見えてきます。現在はこのあたりにも遊歩道が設けられています。

リニモの「公園西口駅」を抜けて、香流川沿いの遊歩道を歩いていきます。奥に見えるのがモリコロパークの大観覧車とIKEA長久手店。

さらに3分程、遊歩道を歩いて下流へと向かいます。夏には川の流れが見えないほど水辺の草がおおい茂ります。

遊歩道は自転車で往来することもできます。IKEA長久手店から5分くらいの所です。

同じ場所ですが、初冬になると景色の色もすっかり変わります。

IKEA長久手店から5分程の所。11月下旬の景色。左手奥にIKEA長久手店。

関連記事

  1. 矢田川畔、秋へ(1)〜となりの瀬戸市 【長久手タイムズ Phot…
  2. [長久手タイムズ]SATOYAMA WOODLAND memoi…
  3. 公園西駅東口に開業するスーパー決定! 東日本を代表するスーパー「…
  4. 【長久手大草城の歴史とプロジェクトについて】加藤義郎さんに訊く(…
  5. 小麦アレルギーがあっても美味しいバームクーヘン! at あぐりん…
  6. 長久手にあるメキシコ美術館に行ってみた!② 【長久手タイムズ】
  7. 野焼きによる「作陶」の世界 ❶ 大草 里山の谷津にて【長久手タ…
  8. もう満開!日本三大桜「根尾谷淡墨桜」が市内4カ所に植樹されている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP