ジブリパーク

かつて愛知青少年公園にあったロボット館。今でもあのロボットたちの演奏会が見れる!【モリコロパーク】

愛知青少年公園にかつてあった「ロボット館」を覚えてられる方も多いと思います。元々は1970年開催の大阪万博のパビリオンとしてつくられたあの手塚治虫氏がプロデュースしたフジパンロボット館です。大阪万博閉幕後の1971年に、株式会社フジパン(本社:名古屋市)から愛知県へ、そして愛知青少年公園に寄贈され、移転された経緯があります。愛知青少年公園は、大阪万博と同じ1970年に開園しています。現在のモリコロパークです。

この写真は、愛知青少年公園に移転されたロボット館の風景です。撮影されたのは1980年代かと思われます。1970年開園した愛知青少年公園は、2002年3月に閉園しています。このロボット館は、1993年に老朽化のため取り壊されています。1971年から22年もの間、子供達も大人も楽しませてくれました。私の記憶の中(とくに中学生時代)でもかつてそれが普通の風景だったので懐かしいばかりです。(画像:中日新聞・愛知青少年公園記念誌より)

大阪万博のロボット館の当時の風景。鉄骨造りのアーチが並列した構造の配色は、青と黄色でなく、黒と黄色のシマ模様だった。内部は「ロボットの森」「ロボットの街」「ロボットの未来」の3セクションで構成され、愛知青少年公園には、そのうち「ロボットの街」にあったショー劇場の楽団が移設された。(画像:万博記念公園サイトより)

愛知青少年公園は、高度成長期真っ只中、大阪では大阪万博が開催された1970年11月1日(ジブリパークもおそらくこの日に合わせて2022年11月1日に開演)に開園しています。
青少年公園は、自動車産業が盛んな愛知県に全国から集団就職で集まった勤労青少年たちの健全育成とレクリエーションの場を目的に設けられたといいます。明治100年を記念してのプロジェクトでした。

ロボット館のあった場所には、1996年、愛知県児童総合センター(児童館)が開館しています。現在の姿です。入り口は2階で、ロボットシアターがあるのは1階です。

児童館の奥のプレイルーム。ロボット楽団が演奏する軽快なサウンドと映像が次々に流れてくる。

かつてロボット館の出入り口のあった南西側の同じ場所には花のプランターが置かれてあった。

関連記事

  1. 長久手古戦場:家康公が戦の勝利を決定づけた御旗山へ
  2. 【鬼武蔵・森長可が改築した大草城】加藤義郎さんに訊く(2)
  3. Place N. of 長久手(1)「喜婦嶽」
  4. 「モリコロパーク de 雪あそび」ってどんなイベント?(記録 …
  5. 観音堂 九万九千日祭り at 安昌寺 8月10日(木曜)
  6. パワースポット猿投神社へ。影行天皇の双子の兄弟の兄が御祭神。(と…
  7. [長久手タイムズ]猛暑前:モリコロパークの大花壇の6月
  8. 「導入の庭・北庭」の水の渦 at モリコロパーク【長久手タイムズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

矢田川畔、秋へ(1)〜となりの瀬戸市 【長久手タイムズ Photo Gallery】撮影:長谷川明生

Nagakute Times PHOTO GALLERY Photographer A…

「ゴジカラ村」のヤギに出逢う「ほとぎの里緑地」の散策路❷【長久手タイムズ】

「ほとぎの里緑地」には、これまで長湫南部公園の裏手側から20分ほど森林の中を歩いて途中で住宅街へ降…

長久手にあるメキシコ美術館に行ってみた!② 【長久手タイムズ】

長久手はメキシコと長年、故伊藤高義画伯(2011年84歳で逝去)を通じて人的交流を、そして画伯の作…

超モダンと伝統的水景が対地された「日本庭園」の秋(2)【愛・地球博記念公園】

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内にある「日本庭園」は、名古屋の二大庭園と言われる「徳川園」と…

長久手テント村はどんなところ?!【長久手タイムズ】

先月か、あるいは昨年12月頃からグリーンロード沿いをクルマで移動すると必ず「長久手テント村 オープ…

杁ヶ池公園の主、駒村和廣さんに聞く(2)池の大調査が実施された【長久手タイムズ】

前回❶のレポートに引き続き、駒村和廣さんの杁ヶ池公園にまつわるお話と生態系についてお話しを伺いまし…

【提言】長久手のふるさと納税返礼品に「体験型」を

現在、長久手市の「ふるさと納税返礼品」は、鰻の蒲焼、チーズ、牛肉、珈琲豆などさまざまな美味…

[長久手タイムズ]長久手の竹林の道「嵯峨野」化計画? 

長久手里山地区の大草丘陵には、各所に竹林がある。その竹林に昔から道が通じているところがあ…

災害時の倒木の危険による伐採:色金山南側 県道215号線 脇の崖【長久手タイムズ】

色金山歴史公園の南側、県道脇の樹木の伐採と除草が行なわれました。元々、県道215号・田籾(たもみ)…

WBC優勝!源田壮亮選手の不屈の活躍

愛知学院大学正門…

PAGE TOP