アート&カルチャー

[長久手タイムズ]カーカルチャーと触れる時【トヨタ博物館(1)】

長久手市は自動車好きにとって万博のような街です。その中心にあるのが日本と世界の貴重なクラシックカーを間近で見れるトヨタ博物館です。施設は大きくクルマの誕生時から現在までの日米欧の時代を画する名車140台が展示されるクルマ館(レストランもある)と、クルマ関係の出版物から全自動車開発の時間軸が400台のミニチュアで見えてくるミニカーコレクション、ポスター、カーマスコット、自動車玩具、マンガや映画関係の資料などが美しく収蔵された文化館があります。

トヨタ博物館は、昭和時代の最晩期1989年にトヨタ自動車株式会社創立50周年を記念してオープンした博物館です。
長久手の重要な交通機関のリニモ(磁気浮上式リニアモーター)が運行する以前からこの地にあり、市にトヨタ博物館ありと「自動車文化の顔」になっています。

今回、特別にトヨタ博物館の平田雅己さんから様々ななお話を伺いました。以降8回程に分けて自動車文化と歴史の面白さと魅力をお届けしたいと思います。時代を彩った名車や貴重なクラシックカー約140台が展示されるなか、まず自動車の黎明期から展示が始まるクルマ館2階から始まりました。

黎明期の貴重なクルマの数々を見ながら歩を進めると平田さんが立ち止まり熱く語り出しました。そのクルマがこちら。
この大型の超高級車は、スペインで創業したフランスの高級車イスパノ・スイザK6。佐賀の鍋島藩13代当主の直泰公爵がシャシー(ボディがない状態)で輸入し、自宅の敷地内でなんと自らデザインし、日本の職人に2ドアクーペボディとして製作架装させたそうです。シャシーは西欧で、造形美溢れるボディーはジャパンメイドの唯一無二に仕上がり。クルマでありながらまるで工芸品のような存在です。

トヨタ本社でエンジニアとして仕事をしてきた平田さんにとって、当時の日本の職人たちの能力の高さが垣間見えるクルマとして、語らずにはいられない一台だったかも知れません。お話を伺うと、金属の物体がまさに動き出すような、そんな空気に包まれ始めました。

イスパノ・スイザK6は、1983年から佐賀県立博物館のホールで展示され、2008年にトヨタ博物館に寄贈されています。

全長5、7メートルもあるロングボディーの後部座席に空いた円形の小さなガラス窓。オリジナルのボディーにはない窓。この小窓がなぜあるのか。

その理由。鍋島直泰侯が、訪問先の人々の見送りの様子を後部座席からこっそり見るためだったそうです。殿様の御乗物の駕籠(かご)の現代版でしょうか。

イスパノ・スイザK6のすぐ脇には、ルネ・ラリックのカーマスコット2点が展示されています。鍋島直泰侯が所蔵していたもの。実際にパネルの写真の様にかつては取り付けられていました。
普段走る際は、純正の金属製マスコットを装着し、目的地に着く直前にラリックのマスコットに取り替えたと伝わっています。それほどお気に入りのものだったそうです。

2階のフロアを進むと一台のジープが見えてきます。フォードモデルGPWで、太平洋戦争中の1943年に製造されたものとのこと。

1941年に開発されたアメリカ陸軍の軍用車をルーツに、軍用偵察や至急の移動や連絡を目的に開発された小型四輪駆動車です。四輪駆動によって得られる不整地走行能力は生活や行動範囲を広げたことはもちろん、合理的かつ経済的な構造は純粋な機能美を持ちトランスポーターとしての自動車の機能を追求した姿であり、戦後のクルマづくりの基本にもなっている。

道路の舗装は都市部だけだった時代、どんな悪路でも走行できるよう第一次世界大戦中にすでに開発されていた大型トラックの四輪駆動を小型車に採用させた先駈けとなったとのこと。

開発の歴史を知ると興味深くなってきます。少し調べてみる。開発がなぜ1941年だったかというと、そこにはドイツのポーランド侵攻があり、その電撃侵攻作戦を先導したキューベルワーゲンに対抗する緊急の車両開発だったという。

当時のアメリカの自動車メーカーに送付されたジープ開発の要求スペックには、「地雷を踏んで4本のタイヤのうち2本が破裂しても2つのタイヤとスペアタイア1本で300キロ走行可能になるように」とあるほど。ゾンビみたいなクルマです。

平田さんがボンネットを開けてエンジンやボディーのことを説明してくれました。
車両開発の要求スペックには、「車載工具で全ての修理が可能であること」という条件があったそうで、そのための仕掛けについて教えて頂きました。

夜間に移動中にエンジントラブルか何か故障が発生した場合さてどうするか。まずボンネットを開けますが、なんとヘッドライトをひっくり返してエンジンルームを照らしだすことができるんです。両手で迅速にしっかり修理することができるようになっているのです。

よく見れば、ヘッドライトはフロントグリルにつながって配置されています。機能的デザインの一例。ジープの容貌となる縦長のグリルもこのフォードモデルから始まったそうです。

それでは次回へ。

それでは次回へ。

関連記事

  1. 400台もの収蔵庫からの「お蔵出し」展、開催中! 「トヨタ博物館…
  2. 徳川園、白鳥庭園を作庭した佐竹三喜雄氏の手による愛・地球博記念公…
  3. 花・鳥・風・月の里山から(2)〜となりの瀬戸市【長久手タイムズ …
  4. SATOYAMA WOODLAND Memoire (2)【Na…
  5. 「長久手合戦図屏風」復元模写・芸大
  6. 県芸スナップショット(2):「steps in the Air」…
  7. 下平淳一氏(1):日本のカスタムカー文化を牽引する
  8. [長久手タイムズ]となりのトトロの時代のクルマ【トヨタ博物館(3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

「勝入塚」から裏手の森林の中へ〜古戦場の地形を辿る【長久手タイムズ】

多くの市民の皆さんも訪れてられる長久手古戦場公園。そして公園のすぐ近くに建つ池田勝入(恒興)塚。今…

半年も真っ赤な溝ノ杁池。淡水赤潮の発生!【長久手タイムズ】

長久手東部のバス通りに真っ赤に染まった池がある。岩作や「ござらっせ温泉」方面から瀬戸に向かう県道の…

コンサート コリン・カリー・グループ

世界的パーカッショニストのコリン・カリー氏率いる打楽器アンサンブルグループが長久…

震災非常時と平時の二刀流「ソーラースタンド」:日東工業が設置【長久手タイムズ】

大震災がもたらす災害時の電力供給として、長久手市に本社がある日東工業は、独立電源システムの「ソーラ…

里山のイチゴ狩り:すまいるベリーズ長久手

テントの中で販売中のオーナー! これは2022年1月オープン時の懐かしい写真。現…

[長久手タイムズ]再訪 ! 仏教テーマパーク五色園 【となりの日進】寄稿:柘植崇(1)

『およそ40年ぶりに訪れた五色園は記憶の中のそれとほぼ一致していた。この間、日進は人・物の流れは加…

徳川園、白鳥庭園を作庭した佐竹三喜雄氏の手による愛・地球博記念公園「日本庭園」の秋(1)

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内にある「日本庭園」は、愛・地球博に併せて造園された7ヘクター…

【映像記録2022/11/12】 祝ジブリパーク開園花火大会

2022年、11月12日。ジブリパーク開園を祝い、4000発の花火が打ち上げられました。画像・動…

静かに<滝景>が楽しめるひと時:モリコロパーク「導入の庭」【長久手タイムズ】

長久手で滝といってもピンときませんが、モリコロパーク(愛・地球博記念公園)の日本庭園には幾つかの石…

長久手からつづく東部丘陵で体験するグランピングパークの全容!❶ WOOD DESIGN PARK SETO(となりの瀬戸市)

長久手東部の丘陵にはモリコロパークとジブリパークがありますが、そこからクルマで僅か2〜3分、東部丘…

PAGE TOP