アート&カルチャー

[長久手タイムズ]ルネ・ラリックのカーマスコット【トヨタ博物館(2)】

トヨタ博物館とフランスのガラス工芸作家のルネ・ラリック。一見結びつかないのですが、一体どんな関係があるのでしょう。それは現代のクルマからはほぼ見なくなっていますが、ボンネットの先端に取り付けられるカーマスコットこそがその答えです。

美しく華やかな美術品とでも言える作品は、フランスのガラス工芸作家ルネ・ラリック(1860-1945)が手がけたカーマスコット群です。
ルネ・ラリックは、19世紀末のアール・ヌーヴォー期から20世紀初頭のアールデコ期にかけ活躍した世界的なガラス工芸作家でありジュエリーアーティストです。

なんとトヨタ博物館には、ラリックが製作したカーマスコット29種類の全てが揃っています。
全種類が一度に見られるのは、日本でも世界でもここだけかも知れません。

ルネ・ラリックは、1900年開催のパリ万博で優れたジュエリー作家として注目されました。なぜラリックが注目されたのか。
ラリックが発想しつくり出したのは、それまでエミール・ガレやドーム兄弟による複雑で華やかなアール・ヌーヴォースタイルではなく、エレガントでありつつモダンでシンプルなものだったのです。
それが「アールデコ」を先駆ける意匠となったのでした。そして芸術性と量産を両立させるため精巧な鋳型が用いられていきました。

パリ万博で、ラリックの前衛的デザインは、アール・ヌーヴォーのジュエリー部門で、グランプリを獲得。世界のトップアーティストに上りつめました。

その10年後、ラリックは貴族向けの1点ものの高級ジュエリー制作をやめ、比較的安価で比較的多くの人に購入してもらえる量産しやすいガラス工芸の道へ突き進んでいきます。

マスコットの台座には豆電球を仕こませ、下から光を当て内側から照らし出すこともできました。夜間にはどれほど美しかったことでしょう。また色のついたディスクをガラスの間に挟んで色を変えることもできました。

ルネ・ラリックはガラス工芸でさまざまなものをつくりあげています。代表的なものは、香水瓶、照明器具、化粧道具、室内装飾です。
ラリックのガラス工芸品は、クルマのマスコットの様に、新らしい時代の夜明け、そして20世紀の都市の新しいライフスタイルを予感させていきました。

関連記事

  1. 野焼きによる「作陶」の世界 ❶ 大草 里山の谷津にて【長久手タ…
  2. 里山TOTONO、香流川沿いに「音の散歩道」が出現!
  3. リニモテラスの使い方は100通り以上! ミニコンサート、アート展…
  4. Nagakute Street Gallery ❷【長久手タイム…
  5. 流線型のボディラインのはじまりからトヨダA A型へ【トヨタ博物館…
  6. ながくてアートフェスティバル〜老舗和洋菓子店での作品展示(4)【…
  7. 「日本の塔・月 – からくりモニュメント」アイ・地球…
  8. 県芸スナップショット(2):「steps in the Air」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

長久手からつづく東部丘陵で体験するグランピングパークの全容!❶ WOOD DESIGN PARK SETO(となりの瀬戸市)

長久手東部の丘陵にはモリコロパークとジブリパークがありますが、そこからクルマで僅か2〜3分、東部丘…

マクドナルド、グリーンロード沿いに大きな新店舗、急ピッチで工事中!【長久手タイムズ】

現在、長久手グリーンロード沿い打越交差点のすぐ近くに広がる敷地で大規模な工事が行われています。先だ…

旧市川家住宅は訪ねておきたい古民家です(となりの日進)【長久手タイムズ】

長久手市は現在、10年にわたって古戦場公園への古民家移築で二転三転していますが、「となりの日進」に…

[長久手タイムズ]家康が腰掛け軍議した床机石:色金山歴史公園(1)

長久手市のほぼ中央部の北寄りにある色金山。標高も僅かですが、頂上からは東部の里山ゾーンと…

Place N. of 長久手(1)「喜婦嶽」

Place N. = 地名(1)「喜婦嶽」PlaceN. とは、PLACE NA…

12月1日の長久手古戦場公園の色(記録)

長久手古戦場公園は、長久手合戦が4月9日(天正十二年 1584年)であったこともあり、春の桜こそが…

新緑の杁ヶ池公園

杁ヶ池公園は、リニモの杁ヶ池公園駅から南方に徒歩5分ほどの住宅街の中にある水景が…

長久手古戦場:かつて刀を洗った血の池の今

「小牧長久手の戦い」の長久手合戦主戦場近くにあった池の跡地である。この池で勝ち戦になった徳川方の武…

サツキとメイの家のお正月【長久手タイムズ】

2024年(令和6)年が始まりました。「サツキとメイの家」にもお正月がきました。これは1月吉日の記…

[長久手タイムズ]となりのトトロの時代のクルマ【トヨタ博物館(3)】

ジブリ作品には特徴的な数多くのクルマが登場します。どんなクルマが登場していたのか映画「となりのトト…

PAGE TOP