パブリックヒストリー

古えの時が漂う秋葉社へ。椿と楓の共演

すぐ裏手は前熊の住宅ですが、この一角だけは地元の人たちに守られている感じがします。

なんとも椿の趣きが味わいがある小さな古社。

椿の赤い花で埋め尽くされていた

上のGoogle Mapでは、秋葉社の住所の前熊根ノ上が表示されますが、載せた写真の様に、県道田籾名古屋線の道路脇に位置しています。すぐ近くに信号機のある交差点があり、田圃方面に曲がれば多度神社がある、そんな場所にあります。

関連記事

  1. 矢田川畔、秋へ(1)〜となりの瀬戸市 【長久手タイムズ Phot…
  2. 火縄銃の音が市内に轟く伝統の警固祭り【長久手タイムズ】(記録)
  3. 長久手にある「指定保存樹木」のこと (1)【長久手タイムズ】
  4. 小麦アレルギーがあっても美味しいバームクーヘン! at あぐりん…
  5. 古戦場公園整備工事の現況❸〜築山はすっかり姿を消した【長久手タイ…
  6. 「5カ年加速化対策」進行中 – 県道57号線道路工事…
  7. 里山のイチゴ狩り:すまいるベリーズ長久手
  8. [長久手タイムズ]家康が腰掛け軍議した床机石:色金山歴史公園(1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP