ディープ長久手

幕末から明治初期にあった長久手の寺子屋のこと。科目に「読書」が多かった【長久手タイムズ】

長久手東部エリアの上郷には「寺子屋」は5ヶ所で、すべて寺院でした。大草では現在も存在する「永見寺」と「三光院」で、私自身も小学生の時、「永見寺」で当時のご住職から習字を習いました。写真は「永見寺」の春。

大草の「永見寺」からの眺望。遠くにモリコロパークの大観覧車が見える。

東部・北熊の宗延寺。モリコロパークに一番近い北熊では、農業を生業とする近藤與兵衛が、宗延寺にて1848〜1865年の間、読書を教えていたと記録されている。

宗延寺は浄土真宗高田派

東部の大草にある三光院。ここでは修験道の指導者のご住職・井藤覚良が読書を教えた。寺子(学習する子供)の人数は延べで男子50名、女子5名だったといいます。

曹洞宗の寺院である岩作・安昌寺。後ろの森は、徳川家康が頂にある大きな石(机床石)に座って軍議を開いた色金山の森。色金山は『尾張名所図会』(江戸後期)にも描かれた名所。まとめられた「長久手市の寺子屋」には安昌寺の名前は出てこないが、「愛知県寺子屋一覧」にはしっかり名が出ています。安昌寺は、長久手合戦後に雲山和尚が、豊臣方、徳川方の敵味方関係なく捨て置かれた屍を集めて弔った寺院としてよく知られています。

浅井沢助 – 農業を生業とした庄屋だった。幕末弘化元年(1844)から慶応2年(1866)の間、岩作・石田交差点の東方(西島)にて、寺子屋を開き読書や算術を教えていました。寺子の延べ人数は、長久手で2番目に多く、男子187名、女子13名だった。

浅井惣助 – 庄屋であり地域の世話役。安昌寺や教圓寺に絵画が残されている。長久手で2番目に早く岩作にて寺子屋を開く(文政12年 1829年〜安政4年1857年)。男子150名、女子9名に習字と算術を教えた。

浅井長政(画像はWikipediaより)は北近江の大名。継室は織田信長の妹・お市の方。
浅井長政は、織田信長と戦った「小谷城の戦い」(1573年)において、信長が使者として遣わした木下秀吉らの降伏を断り自害(享年29歳)。
浅井長政の一族(弟の1人)は、後の1584年長久手合戦後の慶長年間(1596年〜1615年)頃に岩作にて帰農し定住しはじめたと伝わっています。

岩作・安昌寺には浅井家元祖の碑が建立されています。

「長久手の寺子屋」(幕末から明治)は、『長久手村誌』が原典になっているが、『長久手村誌』もまた浅井長政一族の末裔の浅井菊壽が調べまとめあげたものである。

*「胡牀石(こしょういし)」会報第58号(令和3年9月発行)より転載

令和3年度に郷土史研究会展示委員会の小林鑛一氏が、寺子屋の指導者の子孫への聞き取り調査を行っています。それらを元に約1年かけ長久手の「寺子屋」の歴史をまとめ、全17枚の手作りパネルによるパネル展が開催されました。
私自身も長久手福祉の家交流ストリートでの展示を実際見ることができました。

長久手市郷土史研究会が発行する会報「胡牀石(こしょういし)」にもパネル展の内容が掲載されています。

岩作にある浄土真宗高田派の教圓寺。ご住職が習字と読書を教えた。まさに幕末の1850年〜1865(慶応元年)の間に、延べ人数・男子約150名、女子12名が学んだと記録されている。
教圓寺は、色金山を立った徳川家康が戦さの必勝祈願で参内。合戦に勝利し、陣羽織が寄進されています。

教圓寺風景

関連記事

  1. かつて愛知青少年公園にあったロボット館。今でもあのロボットたちの…
  2. 長久手のかつての中心地・岩作商店街を巡る❶ 【長久手タイムズ】
  3. 「大草のねこ物語」【長久手タイムズ】
  4. 「二本松塚」- 長久手合戦の鎮魂の松。現在は桜とムクノキに【長久…
  5. 福島三春町の枝垂れ桜「瀧桜」の子孫に染まる【長久手タイムズ】
  6. 12月1日の長久手古戦場公園の色(記録)
  7. Place N. of 長久手(1)「喜婦嶽」
  8. 白バスの停留所近くにもう一軒の「旅館」〜旧道、岩作商店街の繁盛ぶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

2023年ジブリパークの春

里山 TOTONOの風景(1)

TOTONO(トト野)とは、長久手市の東部丘陵に囲まれた「里山」一帯をし…

「もののけの里」オープン、「あいちサトラボ」との深い連帯【長久手タイムズ】

ジブリパークのフルオープンの第一弾の「もののけの里」が11月1日初日を迎えました。ジブリパークがオ…

マクドナルド、グリーンロード沿いに大きな新店舗、急ピッチで工事中!【長久手タイムズ】

現在、長久手グリーンロード沿い打越交差点のすぐ近くに広がる敷地で大規模な工事が行われています。先だ…

家康の家紋「三つ葉葵」と池田恒興の家紋「アゲハ蝶」が一つに:長久手の校章デザイン

長久手市にある5つの小学校の校章デザインは、すべて長久手の戦いをベースにしています。長久手合戦だけ…

平均年齢が日本一若い長久手市

出典:総務省「統計ダッシュボード」(https://dashboard.e-stat.go.jp/…

WBC優勝!源田壮亮選手の不屈の活躍

愛知学院大学正門…

モリコロパーク:初秋への入り口

11月1日にジブリパークに「ものの毛の里」が開園しますが、ジブリパークの周囲に広がるモリコロパーク…

「しばらく田舎にいると東京が恋しくなる。東京に戻ると田舎が恋しくなる。」写真展:撮影 中野淳

Nagakute Times Photo Gallery :Atsushi Nakano Pho…

桧ヶ根公園:長久手合戦とワーテルロー市との友好の植樹の地

中央図書館の北側にある桧ヶ根公園(Hinokigane Park)は、長久手市の数ある公園の中でも…

PAGE TOP