アート&カルチャー

[長久手タイムズ]日本画・美人画を収蔵する名東美術館:枯山水の庭園の刻(とき)

長久手・杁ヶ池公園駅すぐ近くに小さいながらも時を忘れ異空間に触れることができる美術館がある。横山大観、川合玉堂、平山郁夫らの日本画、伊藤深水、鏑木清方、上村松園らの美人画を収蔵する名東美術館。下絵や素描などの作品収集も行なう名古屋東部エリアでは唯一の美術館として知られています。リニモ:杁ヶ池公園駅下車 ADDRESS:長久手市杁ヶ池301 

昭和62年名古屋市上前津にて開館。平成4年(1992)長久手市杁ヶ池に移転。名東美術館の最寄り駅の杁ヶ池公園駅は、現在東海三県で最も人気のある駅になっている。美術館は駅近でもあり企画展には多くの方(特にご婦人)が来館。

四季折々の変化する枯山水の中庭。日本画と枯山水の庭園があいまって上質な品のよい空間が出現している。

現在、7月26日(7月17日〜)まで「美人がにどきっ!<後期>」展開催中。

伊藤深水、鏑木清方、上村松園、伊藤小坡らの美人画が染み入ります。

関連記事

  1. サツキとメイの家のお正月【長久手タイムズ】
  2. [長久手タイムズ]となりのトトロの時代のクルマ【トヨタ博物館(3…
  3. 「絵ものがたりの散歩道〜サツキとメイの家へ」(2)【モリコロパー…
  4. [長久手タイムズ]再訪 ! 仏教テーマパーク五色園 【となりの日…
  5. [長久手タイムズ]県陶芸美術館リニューアルへ【となりの瀬戸市】
  6. 野焼きから生み出す「作陶」 ❷ 大草 里山の谷津にて【長久手タイ…
  7. ながくてアートフェスティバル 2023(1)【長久手タイムズ】
  8. 400台もの収蔵庫からの「お蔵出し」展、開催中! 「トヨタ博物館…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP