ジブリパーク

梅雨に濡れた紫陽花の美しさ:モリコロパーク

モリコロパークでは、いま紫陽花(あじさい)が満開です。大花壇とは別の場所、南口のフィールドセンターの少し西側にあります。
フィールドセンターを真っ直ぐ行くと「サツキとメイの家」に10分程で到着する場所ですので、「サツキとメイの家」の行かれる方は、「あじさい園」に少しばかり寄られるのもいいでしょう(期間は、6/15までとのこと)。

このエリアは、モリコロパークの中でも南端になるため訪れる方は幾らか少ないようで、のんびりゆっくり自然に耳を傾けたい方にとってはうってつけかも知れません。
「あじさい園」の奥には、「愛・地球博覧会」(2005年開催)の痕跡としてグルーバルループが一部そのまま残されています。この写真の後方に少し見える白いブリッジがそれです。

「愛・地球博覧会」のグルーバルループの上から、左手奥に「あじさい園」を望む。このグローバルループの右側に、フランス館、ドイツ館、スペイン館、イタリア館、ギリシャ館、トルコ館など9館が「グローバル・コモン3(ヨーロッパ)」の会場になっていました。当時万博を訪れたことがある方には、微かな記憶とともに散策するのも一興です。

関連記事

  1. 紅葉と池が織りなす水景 /「どんどこの森」へとつづく「日本庭園」…
  2. 静かに<滝景>が楽しめるひと時:モリコロパーク「導入の庭」【長久…
  3. 「魔女の谷」エリアの内覧会へ – ジブリパーク2次オ…
  4. モリコロパーク:初秋への入り口
  5. 「冬青の実:絵ものがたりの散歩道」(1)【モリコロパーク】
  6. 「猫の城」8月オープン:ジブリパーク
  7. (株)ジブリパークと愛知県と長久手市が「連携協定」を締結!【長久…
  8. 「春の女神の丘」へ:モリコロパーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

「長久手里山基本計画」が重要になってくる訳 / 大災害と里山【長久手タイムズ】

長久手市には「長久手市里山基本計画」(2019〜2025年度)が策定されていてこの「里山プラン」が…

TOTONOの5月・田植え

モリコロパーク・ジブリパークにつながる長久手東部の里山エリアには、昔ながらの田園風景…

「魔女の谷」を一望できる展望台 ー オブジェ「夏の翼」はシンボリックな撮影スポットに!【長久手タイムズ】

「猫の城」の南側の丘陵にできた”上空”から「魔女の谷」を見下ろすことができる展望台は、ぜひ寄ってみ…

[長久手タイムズ]姉妹都市はベルギー王国ワーテルロー

長久手市は、1992年にベルギー王国のワーテルロー市と姉妹都市提携をしています。人口は長久手の約…

家康の家紋「三つ葉葵」と池田恒興の家紋「アゲハ蝶」が一つに:長久手の校章デザイン

長久手市にある5つの小学校の校章デザインは、すべて長久手の戦いをベースにしています。長久手合戦だけ…

「出没! アド街ック天国 : 長久手&ジブリパーク」

2023年4月8日(土)に放送されましたTV番組「出没! アド街ック天国:長久手&ジブリパ…

尾張藩が水政策で江戸初期に築造。水神様の「八大龍王」が棲むという立石池のこと。

長久手で水辺空間の散策に良い大池といえば、杁ヶ池公園とジブリの大倉庫の南側の「こいの池」、そしてこ…

ジブリパーク夕暮れショット

古戦場公園工事の現況❷〜ついに築山の巨石が露わに!【長久手タイムズ】

長久手古戦場公園再整備工事が始まって数日後、工事は一気に進み、築山の頂きと間の小径にある巨石があら…

アーティスト達が住んでいた「バス村」

県芸大近く、僅か数年前まで、「バス村」と呼ばれたアーティスト達が数人住み込んで作品作りの工房にし…

PAGE TOP