LIFE & SPORTS

災害時の倒木の危険による伐採:色金山南側 県道215号線 脇の崖【長久手タイムズ】

江戸時代や明治中頃までは、まだこの道は開けておらず、岩作から上郷方面へ出る時は、手前の高根橋(御嶽山の参道)を渡って、御嶽山の麓の香流川沿いを歩いて渡っていたといいます。

2月初旬5日間程かけて倒木の危険がある古木の伐採が実施されました。

岩作御嶽山サイドの対岸の風景と香流川

さすがプロフェッショナルな作業!
道路は全面通行止めにせず、バスも通れば、高い電線もあるなかで、切断した太い木を地上におろします。

大きな古木は、プロの作業員が命綱を体に巻き付け、電動ノコギリで3〜5m程に切断して、クレーンで吊り下ろすという作業が繰り返されました。
通行止めでなく、片側の車線だけクルマが通行できるようにしてあるのでかなり慎重な作業になってました。
この県道はバス通りでもあり、瀬戸方面と長久手市内を結ぶ主要な幹線道路なので交通量も多く、通行止めにしての工事は取れなかったと思われます。

雑草にほぼ埋もれていた小洞と石碑が出現しました。
危険な古木は取り除かれたものの、洞の上一帯の昔吹いたモルタル・セメントが劣化し浸水しやすく、大雨や災害時に崩れそうである。
崖面の対策は、<倒木の危険を除去する>工事ということで、今回の工事に入っていなかったかもしれない。直に見ると特にこの東側の部分がちょっと気になるところです。

新しめの石碑には「ここは やざこか 安昌寺よこか むかしじゃのでた いのはない」とあった。後半の意味がどうも分からないのであった。

明治20年に建てられた石碑

崖の対面の風景と香流川

関連記事

  1. 長久手周遊ライド❹:サイクリスト Hiroki AOYAMAの地…
  2. 長久手里山には<日本の有機珈琲>のパイオニア「OKINO 」があ…
  3. 花・鳥・風・月の里山から(2)〜となりの瀬戸市【長久手タイムズ …
  4. 半年も真っ赤な溝ノ杁池。淡水赤潮の発生!【長久手タイムズ】
  5. 古戦場公園への古民家の移築について❶【長久手タイムズ】
  6. マックのオープニング大募集から、「最低賃金」を考えてみる【長久手…
  7. 県道57号 瀬戸大府東海線の現在(3)【長久手タイムズ】
  8. 長久手テント村はどんなところ?!【長久手タイムズ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

第34回クラシックカー・フェスティバル in 長久手【長久手タイムズ】

長久手市の秋の風物詩となった「クラシックカー・フェスティバル」(トヨタ博物館主催 10月22日開催…

長久手周遊ライド❸:サイクリスト Hiroki AOYAMAの地元長久手ライド

『長久手周遊ライドの三回目です。今回は長久手南部エリアの市ヶ洞から丁子田交差点へさらに南下し、そこ…

「魔女の谷」を一望できる展望台 ー オブジェ「夏の翼」はシンボリックな撮影スポットに!【長久手タイムズ】

「猫の城」の南側の丘陵にできた”上空”から「魔女の谷」を見下ろすことができる展望台は、ぜひ寄ってみ…

「大草のねこ物語」【長久手タイムズ】

市の東部の里山エリアを見守るかのように鎮座する招きねこの石像です。戦前の昭和10年頃につくられたと…

”千客萬来” 長久亭見自貝さん大須園芸場で一席 【長久手タイムズ】

長久手市文化の家では「長久手寄席」が毎年開催されています。昨年は人気の落語家の好楽・小遊三師匠の一…

長久手にあるメキシコ美術館に行ってみた!② 【長久手タイムズ】

長久手はメキシコと長年、故伊藤高義画伯(2011年84歳で逝去)を通じて人的交流を、そして画伯の作…

流線型のボディラインのはじまりからトヨダA A型へ【トヨタ博物館】(7)

今日のクルマのボディデザインに通じる「流線型」(ストリームライン)のデザインはいつ頃はじまったので…

県道57号 瀬戸大府東海線の現在(3)【長久手タイムズ】

長久手里山エリアを南北に走る県道57号「瀬戸大府東海線」の道路工事の最新レポートです。ござらっせ温…

「長久手スポーツの杜」の夜空に誘われて【Nagakute Times】

長久手市の東部・里山エリアは夜になると真っ暗闇になるが、スポーツの杜の照明が煌々と夜空…

[長久手タイムズ]【市長選告示】もう一つの長久手の戦い始まる:佐野尚人出陣:ジブリの世界観とつなぐ

大河ドラマ「どうする家康」の第32回「小牧長久手の激闘」の放映日と同日に「長久手市長選」の火蓋が切…

PAGE TOP