アート&カルチャー

矢田川畔、秋へ(2)〜となりの瀬戸市 【長久手タイムズ Photo Gallery】撮影:長谷川明生

カメラ機材◉オリンパス OM-D EM10mk3、レンズ◉Zuiko 75-300mm f4.8ー6.7

長谷川明生

投稿者の記事一覧

兵庫県立西脇高等学校卒。横尾忠則氏や「愛と死を見つめて」で話題になった田舎の学校です。名古屋大学卒、ニクソンショックで就職できず大学に居残り、途中中京大学に移って現在に至る。写真は『カメラ毎日』のアルバム72~74にチャレンジするもアウトで、学業と仕事で離れていたが、ホンマタカシ氏の「楽しい写真」ワークショップ参加で復帰。尾仲浩二氏の街道塾参加。今はインスタにポチポチと日々アップしてます。

関連記事

  1. 数寄屋造りと彫刻作品の間【古川美術館・為三郎記念館】(2)
  2. 野焼きによる「作陶」の世界 ❶ 大草 里山の谷津にて【長久手タ…
  3. 「香流川 砂防公園」の桜の木の下で – 長久手市の公…
  4. 超モダンと伝統的水景が対地された「日本庭園」の秋(2)【愛・地球…
  5. 県道57号 瀬戸大府東海線の現在(3)【長久手タイムズ】
  6. TOTONOの5月・田植え
  7. 幻のコメダ珈琲長久手店〜 公園西駅近く、創業の面影残すレトロ&ノ…
  8. クルマの誕生と「移動」の革命【トヨタ博物館】(8)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP