LIFE & SPORTS

観音堂 九万九千日祭り at 安昌寺 8月10日(木曜)

祭りの後の寂しさなのだろうか、祭りが終わり、出店も閉じられ灯りも消されようとしても集まった若者たちはなかなか帰ろうとしなかった。安昌寺の観音堂「九万九千日祭礼」 、別名「十日の華」。この日に観音様にお参りすると九万九千日分の御利益をえると言われています。8月10日(木曜)長久手市の中央部の岩作で古くから催されている夏祭りの記録レポートです。開催場所は岩作・安昌寺の境内前の広場。

祭りの後。なんとも懐かしい色とりどりの屋台が居並ぶ。祭りは屋台なのだ。

輪投げのお店に集まる子供達。他のお店は店終いし始めていたが、最後にここだけは祭りを名残り惜しむ若者の想いに応えるかのように店を開けていた。

祭りが終わってもなかなか帰ろうとしない少女たちの姿があった。

小牧長久手の戦いで、徳川軍が秀吉方と決戦を交える前に軍議を開いた色金山の鹿にある安昌寺。お寺の左手奥にお墓が見える。戦の後、亡くなった将兵の亡骸を敵味方関係なく、安昌寺雲山和尚の住職は弔ったと伝えられている。お祭りは手前の広場で催されている。戦死者は、ここからすぐ近く、参道を入った所に、和尚が築いた「首塚」に手厚く葬られている。

関連記事

  1. 杁ヶ池公園の主、駒村和廣さんに聞く「夢の公園」の未来図(4)【長…
  2. 長久手のかつての中心地・岩作商店街を巡る❶ 【長久手タイムズ】
  3. 長久手市周遊ライド❶:サイクリスト Hiroki AOYAMA …
  4. 「もりの学舎」❶ 子供たちが「自然あそび」できる環境学習施設【…
  5. 長久手里山には<日本の有機珈琲>のパイオニア「OKINO 」があ…
  6. リニモテラスの使い方は100通り以上! ミニコンサート、アート展…
  7. 尾張藩が水政策で江戸初期に築造。水神様の「八大龍王」が棲むという…
  8. 10周年を迎えた里山のパティスリー「ヴァイスベーレン」【長久手タ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP