LIFE & SPORTS

豊田市博物館にある古民家のポジションと活かし方❷〜となりの豊田【長久手タイムズ】

博物館の2階から伸びるテラスを50mほど辿ると古民家ゾーンへ。恐らく動線の張りかたがいいのだろう。本館訪問者のかなり割合の方が古民家方面へと歩をすすめる。


構造的には「四つ建」と呼ばれる古式な構造が残されているとのこと。また柱には手斧仕上げの部材が使用されるなど古風な技法が散見されるつくりに。常駐スタッフもおそらく2人おられ企画物や建築構造などを説明されていた。

トヨタの挑戦:南極氷上と月面を走るクルマの研究開発

移築された円形古墳。古民家から30mほど離れた場所に設けられている。動線としてしっかりしているので古民家に寄られた方はかなりの割合で覗かれていた。

博物館の2階部分の広いテラスから南方へ小径を辿る

関連記事

  1. 「出没! アド街ック天国 : 長久手&ジブリパーク」
  2. ”千客萬来” 長久亭見自貝さん大須園芸場で一席 【長久手タイム…
  3. 長久手にあるメキシコ美術館に行ってみた!② 【長久手タイムズ】
  4. 2024年12月、藤が丘に高層ホテルが誕生!〜「となりの藤が丘・…
  5. 野焼きによる「作陶」の世界 ❶ 大草 里山の谷津にて【長久手タ…
  6. 草野球チームやジュニア野球クラブが集う長久手市民野球場
  7. [長久手タイムズ]となりのトトロの時代のクルマ【トヨタ博物館(3…
  8. 南部「ほとぎの里緑地」の散策と展望台からの眺望は必見❶【長久手タ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP