パブリックヒストリー

長久手の指定保存樹木を知ってますか(2) No.6~No.10

長久手に「保存樹」があることを知っていますか。保存する必要があると認められる樹木は、「健全で、樹容が美感上優れている」樹林を、所有者・管理者の同意を得て、保存樹木・樹林として指定しています。1.5mの高さの幹の周囲が1メートル以上、つる性樹木は枝葉面積が30平方メートル以上など幾つかの要件があります。指定樹木が、1年良好な状態で保存された場合、樹木の所有者や管理者に対して報奨金が僅かですが支払われています。(現在、指定番号No.1とNo.2は、指定解除されています)

長久手市 指定保存樹木 No.7 安昌寺の 「ボダイジュ」

長久手市 指定保存樹木 No.6 安昌寺の「クスノキ」

長久手市 指定保存樹木 No.9 多度神社の「ツクネカシ」

他に、保存樹木 指定番号 No.10  五合池にある「カンツバキ」があります。

関連記事

  1. 「香流川物語 Photo Images」❷ 【長久手タイムズ】
  2. 長久手のかつての中心地・岩作商店街を巡る❶ 【長久手タイムズ】
  3. 白バスの停留所近くにもう一軒の「旅館」〜旧道、岩作銀座の繁盛ぶり…
  4. かつて愛知青少年公園にあったロボット館。今でもあのロボットたちの…
  5. パワースポット猿投神社へ。影行天皇の双子の兄弟の兄が御祭神。(と…
  6. 長久手古戦場:家康公が戦の勝利を決定づけた御旗山へ
  7. [長久手タイムズ]長久手の石と名古屋城の石垣とのちょっとした関係…
  8. 家康の家紋「三つ葉葵」と池田恒興の家紋「アゲハ蝶」が一つに:長久…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP