Connecting the dots of Nagakute City – ジブリと里山、文化と歴史がある長久手のWebメディア

長久手城趾と「城屋敷」を歩く【長久手タイムズ】

長久手城趾の周囲の地名は現在も「城屋敷」です。

合戦の死者を弔いう地蔵が建っています。

「城屋敷」には瓦屋根のある白い漆喰塀と石組で囲んだお屋敷のような家屋が幾つも建っていてこの一帯特有の風情、歴史につながった「景観」を生み出しています。


観音堂

尾張徳川家第21代当主の故徳川義宣(よしのぶ)(1933-2005)氏による建立。


「城屋敷」界隈

「城屋敷」界隈


この一帯は御旗山(富士社)に向いてどの道も勾配があります。長久手城はその途中の崖の上にあったようです。
血の池公園周辺は樹木も多く静かな住宅地になっています。

「城屋敷」界隈


長久手城趾

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です