パブリックヒストリー

12月1日の長久手古戦場公園の色(記録)

古戦場公園の裏側から見た景色。あまりこちらまで足を踏み入れる方は少ないかも知れませんが、紅葉も美しく石碑が正面からとはまた違った雰囲気に見えてきます。分け入るとかなり広く至るとこで大木が根を張り、その根が地上に波打って出て高低差のある少し険しい地形だったと感じます。

正面から石段を上っていく景色。この奥に資料館があります。とくに春や秋はクルマで来園されても正門の方へ一度まわられるのがおすすめです。

広場にあるこんもりとしたお椀のような小山は、長久手古戦場の地形が樹木と石組などで<縮景>として形作られています。

縮景の丘の頂きにあるのは、色金山の頂きの床机石を模した巨石です。家康が座って軍議を開いたという石です。

市の計画では、この縮景は役割を終えて平らに戻されるとのことです。見慣れた景色でもあるのでなんとなく寂しい感じもします。

古戦場公園からリニモテラスの方面を望む

古戦場公園からリニモテラスの方面を望む

石碑の周囲は黄葉でまっ黄色に。陽射しの角度によっては黄金色に輝きます。

関連記事

  1. 徳川四天王が唯一揃った長久手合戦(1)【長久手古戦場資料館】(記…
  2. 「香流川物語 Photo Images」❷ 【長久手タイムズ】
  3. [長久手タイムズ]長久手の石と名古屋城の石垣とのちょっとした関係…
  4. 「となりのトトロ」に描かれたような鎮守の森。ジブリのすぐ近くにあ…
  5. [長久手タイムズ]楽譜が無かった高校の校歌【長久手高校'…
  6. 古えの時が漂う秋葉社へ。椿と楓の共演
  7. ベルギー ワーテルロー市との国際交流30周年記念フェスティバル開…
  8. 長久手と「石作り」:「石作神社」の起源は8世紀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

「厭離穢土 欣求浄土」- 色金山公園(2)

床机石のある頂上を辿ると木板で敷き詰められた広いテラスと櫓が見えてきます。方角は南西側が開けてい…

博覧会と戦争とクルマづくりの系譜【トヨタ博物館】(6)

2022年春に、クルマ館2Fに新しい常設展示スペース「クルマづくり日本史」がオープンしています。2…

「絵ものがたりの散歩道〜サツキとメイの家へ」(2)【モリコロパーク】

モリコロパークの南口にある「森の学舎(まなびや)」から、サツキのメイの家が見える展望台まで「森の絵…

旧市川家住宅は訪ねておきたい古民家です(となりの日進)【長久手タイムズ】

長久手市は現在、10年にわたって古戦場公園への古民家移築で二転三転していますが、「となりの日進」に…

[長久手タイムズ]下平淳一氏(2):日本初のローライダークラブを創設

下平氏が1985年、25歳の時に発足したのが、後に日本で最初のローライ…

杁ヶ池公園の主、駒村和廣さんに聞く(2)池の大調査が実施された【長久手タイムズ】

前回❶のレポートに引き続き、駒村和廣さんの杁ヶ池公園にまつわるお話と生態系についてお話しを伺いまし…

【映像記録2022/11/12】 祝ジブリパーク開園花火大会

2022年、11月12日。ジブリパーク開園を祝い、4000発の花火が打ち上げられました。画像・動…

愛・地球博記念公園「日本庭園 導入の庭・南庭」の秋 

モリコロパークにある「日本庭園」(7ヘクタールもある)には、主庭とは別に趣のある水系が幾つもありま…

第34回クラシックカー・フェスティバル in 長久手【長久手タイムズ】

長久手市の秋の風物詩となった「クラシックカー・フェスティバル」(トヨタ博物館主催 10月22日開催…

800mつづく「せせらぎの小径」で憩う散歩。【長久手タイムズ】

市西部、古戦場通りグリーンロード(東狭間)から長久手城跡がある城屋敷エリア、そして景行天皇社手前の…

PAGE TOP