パブリックヒストリーディープ長久手

  1. 古代の都・飛鳥とつながっていた古代長久手! – ほとぎの里、刻銘須恵器による大発見!【長久手タイムズ】

    古代長久手の地と古代の都の「飛鳥(あすか)」がつながっていた!? そんなロマン溢れる発見が、21世紀になってからありました。今から約1300年前(7世紀後半の後期古墳時代)、長久手市南部の丁字田と市ヶ洞の窯で焼かれた須恵器が、奈良県明日…

  2. 白バスの停留所近くにもう一軒の「旅館」〜旧道、岩作銀座の繁盛ぶり❸【長久手タイムズ】

    現在、長久手で大いに発展をとげ商業地になっているのは、西部と南部エリアですが、かつて大正〜昭和時代…

  3. 長久手には、かつて「旅館」があった! 旧道、岩作商店街を巡る❷ 【長久手タイムズ】

    現在、長久手で大いに発展をとげ商業地になっているのは、西部と南部エリアですが、かつて大正〜昭和時代…

  4. 幕末から明治初期にあった長久手の寺子屋のこと。科目に「読書」が多かった【長久手タイムズ】

    長久手にもあった「寺子屋」についてレポートします。長久手にも明治政府が学校設立の方針を出す明治6年…

  5. 長久手のかつての中心地・岩作商店街を巡る❶ 【長久手タイムズ】

    現在、長久手で大いに発展をとげ商業地になっているのは、西部と南部エリアですが、かつて大正〜昭和時代…

  6. 幻のコメダ珈琲長久手店〜 公園西駅近く、創業の面影残すレトロ&ノスタルジック感!【長久手タイムズ】

  7. 「大草のねこ物語」【長久手タイムズ】

  8. 「となりのトトロ」に描かれたような鎮守の森。ジブリのすぐ近くにある神明社へ(2)【長久手タイムズ】

  9. 必見!! 「クロガネモチ」=「金持ち」に通じる縁起木が、長久手で唯一の「保存樹林」

  10. 長久手にある「指定保存樹木」のこと (1)【長久手タイムズ】

  11. 世界的アーティスト奈良美智氏が20代に暮らしていた長久手の地

  12. 「石作郷」から始まった長久手の地名:石作氏とは?

  13. 家康の家紋「三つ葉葵」と池田恒興の家紋「アゲハ蝶」が一つに:長久手の校章デザイン

  14. [長久手タイムズ]長久手の空を駆け上った龍の幼子 2022/10/14

  15. 長久手に植樹された日本三大桜「根尾谷淡墨桜」

ピックアップ記事

PAGE TOP