古代の都・飛鳥とつながっていた古代長久手! – ほとぎの里、刻銘須恵器による大発見!【長久手タイムズ】

古代長久手の地と古代の都の「飛鳥(あすか)」がつながっていた!? そんなロマン溢れる発見が、21世紀になってからありました。今から約1300年前(7世紀後半の後期古墳時代)、長久手市南部の丁字田と市ヶ洞の窯で焼かれた須恵器が、奈良県明日…

「長久手テント村」グランドオープン!【長久手タイムズ】

「5カ年加速化対策」進行中 – 県道57号線道路工事の現在【長久手タイムズ】

「サッカー神社」と呼称される白山宮の「足王社」〜となりの日進【長久手タイムズ】

Garden & Cafe アルキペラゴの「種祭」に潜入!【長久手タイムズ】

「ゴジカラ村」のヤギに出逢う「ほとぎの里緑地」の散策路❷【長久手タイムズ】

南部「ほとぎの里緑地」の散策と展望台からの眺望は必見❶【長久手タイムズ】

古代の都・飛鳥とつながっていた古代長久手! – ほとぎの里、刻銘須恵器による大発見!【長久手タイムズ】

古代長久手の地と古代の都の「飛鳥(あすか)」がつながっていた!? そんなロマン溢れる発見が、21世紀になってからありました。今から約1300年前(7世紀後半の後期古墳時代)、長久手市南部の丁字田と市ヶ洞の窯で焼かれた須恵器が、奈良県明日…

「長久手テント村」グランドオープン!【長久手タイムズ】

「5カ年加速化対策」進行中 – 県道57号線道路工事の現在【長久手タイムズ】

「サッカー神社」と呼称される白山宮の「足王社」〜となりの日進【長久手タイムズ】

Garden & Cafe アルキペラゴの「種祭」に潜入!【長久手タイムズ】

古代の都・飛鳥とつながっていた古代長久手! – ほとぎの里、刻銘須恵器による大発見!【長久手タイムズ】

古代長久手の地と古代の都の「飛鳥(あすか)」がつながっていた!? そんなロマン溢れる発見が、21世紀になってからありました。今から約1300年前(7世紀後半の後期古墳時代)、長久手市南部の丁字田と市ヶ洞の窯で焼かれた須恵器が、奈良県明日…

「長久手テント村」グランドオープン!【長久手タイムズ】

「5カ年加速化対策」進行中 – 県道57号線…

「サッカー神社」と呼称される白山宮の「足王社」〜となりの…

Garden & Cafe アルキペラゴの「種祭…

Art & Culture

オーケストラで楽しむジブリの世界

インクルーシブアート展 2024

ManaPuna ダンス&ヨガ

音のさんぽ道があります!

トヨタ博物館:お蔵出し展開催中!

ジブリパーク「魔女の谷」OPENへ! 2024/03/16

pianist 川上ミネさん曲「龍が通った道」

長久手の空を駆け上る龍の幼子 2022/10/14 杁ヶ池公園近く。詳細はレポートで

ピックアップ記事

『劇画 小牧・長久手の戦い』日本語版 2,000部増刷決定!

黒木書院の謎:名古屋城本丸御殿

長久手郷土史研究会 会報

【長久手タイムズ:告知】

「Nagakute Times」の配信を、 2023年5月31日 にスタートしました。

「Nagakute Times」は、ジブリと里山、アートと歴史に満ちている長久手市の多様で魅力的な情報を主に写真・映像でお伝えするウェブメディアです。同時に四季折々の自然が奏でる「長久手の<時>」を映像で共有して頂けるメディアともなります。

 

メインはPC版となりますが、スマホでもご覧頂けます。言語は10種類程に自動翻訳されますので、市内、国内を超え、世界に向けての情報発信メディアです。

 

主に海外の方には、今年から来年春にかけフルオープンするジブリパークの情報をキャッチしてもらうなかで、ジブリパーク・モリコロパークのある長久手市の自然、里山の風景、アート・文化や歴史などにも興味、関心を持って頂ければという思いで立ち上げました。

 

また長久手市民の方々にとっては新たな発見や、思わぬ情報、そして気づきになるよう努めたく思います。

 

日本の三大都市圏・名古屋市の東端に接っする長久手市は、「トシイナカ =トシ+イナカ」の代表格とも言われます。

つまり暮らし勝手がいい都市的環境と心やすまる田舎風景が一つところにあります。ジブリパークの理念「自然に聞いてみる」という思いを暮らしや散歩のなかで循環させうる環境がそこにあります。

ジブリパークやモリコロパークなどを訪れた際には、「Nagakute Times」で触れて頂いた里山の風景や、アート、歴史、様々なショップや人々にぜひ逢いにきて頂ければこれにまさるものはありません。

「長久手タイムズ」QRコード

『書簡に見る小牧・長久手の戦い』   長久手市政10周年記念

家康、秀吉らの生の声がこの「書簡」に!

本書には「小牧・長久手の戦い」(1984年)に関連した武将たちの文書495点が、古文書の原文と読み下し文、さらに現代語訳と解説文が同時掲載された貴重な労作です。徳川家康、羽柴秀吉、織田信雄、北条氏政、本多正信、筒井順慶、滝川一益、上杉景勝らの書簡から、当時の生々しい現場の様子がリアルに伝わってきます。書籍購入→https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784877585570

Editor & Reporter:Masaki Kato / 加藤正樹 1960年、長久手生まれ。長久手上郷保育園、長久手小学校、長久手中学校、名古屋市立菊里高校、青山学院英米文学科卒。英字新聞部「青山トロージャン」所属。
編集プロダクションの編集工学研究所入所。1990年アートバードブックスを、2年後に東京中目黒にて写真集・美術書などを扱う店舗を設立。2012年より代官山蔦屋書店にて写真集コンシェルジュとして勤務。2020年長久手に帰郷し活動中。

PAGE TOP