City サイド

[長久手タイムズ]奈良美智氏の絵画で埋め尽くされた喫茶店(かつて)

世界的アーティスト奈良美智氏のあの絵画たちがとある喫茶店の壁一面に飾ってあると聞きました。
その喫茶店は長久手市から少しばかり名古屋の名東区藤が丘のすぐ北側の富ヶ丘にあった珈琲とハーブティーの名店です。「あった」というのは、もう現在はなく、1980年代初期から2012年まで約30数年営業されていたとのことです。写真は当時の様子が写された写真です。蔦が建物にからまる雰囲気のある素敵な喫茶店です。
木曜日という店名は木曜休みということだったようで晩年は木曜も営業していたそうです。

お店の壁面に飾ってある奈良氏の絵画はかなり大きなサイズのものも多くあったとのことです。ある時期から2階も喫茶スペースからギャラリーになったといいます。写真は当時行かれた方の記録写真です。

奈良美智氏と言えば、長久手市の森に包まれた丘陵にある愛知県立芸術大学(美術学部美術科油絵専攻)を卒業し、さらに同大学院修士課程を修了した世界的アーティストであることは知られています。
その後、1年ほど。名古屋の河合塾千種校美術研究所講師を経て、29歳の時にドイツの国立デュッセルドルフ芸術アカデミーに入学しています。

初個展は、25歳の時(1984年)、名古屋で開催されており、20代の時は、10年弱にわたっておもに長久手(そして名古屋)で絵を描いていました。

写真は、当時の「木曜日」の店内の様子です。以前行かれた方の記録写真です。

とある方から、この木曜日でまだ若き奈良美智氏がお金にまったく余裕がない時、数千円とか1万円ほどで友人やお店にくるお客さん(お店のオーナーも。推測です)に絵を売っていたといいます。
その絵は21世紀のいま、数千万円から5000万円にもなっているようです。当時後購入した方はすごいお金持ちになっているかも知れませんね。実際にその方たちが販売したのかは今のところ聞いたことがありませんが。

関連記事

  1. 県芸スナップショット(2):「steps in the Air」…
  2. ”千客萬来” 長久亭見自貝さん大須園芸場で一席 【長久手タイム…
  3. Nagakute Street Gallery ❶【長久手タイム…
  4. [長久手タイムズ]ローライダーという文化の聖地「Paradise…
  5. [長久手タイムズ]SATOYAMA WOODLAND memoi…
  6. 震災非常時と平時の二刀流「ソーラースタンド」:日東工業が設置【長…
  7. [長久手タイムズ]SHOPPING in the City
  8. [長久手タイムズ]ルネ・ラリックのカーマスコット【トヨタ博物館(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

「魔女の谷」エリアの内覧会へ – ジブリパーク2次オープン間近【長久手タイムズ】

いよいよ3月16日にオープンする「魔女の谷」エリアの内覧会へ出向きました。時間がタイトな日だったた…

今一度、長久手市の「ハザードマップ(震度・液状化)」確認!【長久手タイムズ】

元日の能登半島地震の緊急対策・支援が続いていますが、予測されている南海トラフ巨大地震の到来において…

[長久手タイムズ]炎天下、「猫の城」開城!【ジブリパーク】

「猫の城」が開城! チケットがなくても(4歳以上は100円)子供たちが入れる新しい施設との触れ込み…

長久手市内に1キロつづく紅葉並木があります at 愛知県農業総合試験場内

長久手市内の秋の紅葉の名所といえば、モリコロパークの日本庭園や色金山歴史公園(茶室の枯山水庭園も含…

小麦アレルギーがあっても美味しいバームクーヘン! at あぐりん村 【長久手タイムズ】

小麦アレルギーがあるとパスタや蕎麦などの食事はもちろん、美味しいお菓子やスウィートが食べれなくなっ…

梅雨に濡れた紫陽花の美しさ:モリコロパーク

モリコロパークでは、いま紫陽花(あじさい)が満開です。大花壇とは別の場所、南口の…

「茶室 香流亭」本格の和空間で一服【長久手タイムズ】

「茶室 香流亭」は、モリコロパークの日本庭園にある本格的な和の茶室です。ジブリパークの「どんどこ森…

災害時の倒木の危険による伐採:色金山南側 県道215号線 脇の崖【長久手タイムズ】

色金山歴史公園の南側、県道脇の樹木の伐採と除草が行なわれました。元々、県道215号・田籾(たもみ)…

里山に湧く天然温泉「ござらっせ」

里山 TOTONOには、天然温泉が沸いています。2002年に開業した「ござら…

「石作郷」から始まった長久手の地名:石作氏とは?

小林鑛一:郷土史研究家 長久手市郷土史研究会会員…

PAGE TOP