LIFE & SPORTS

[長久手タイムズ]県道57号 瀬戸大府東海線の現在(2)

名古屋の東側・尾張東部エリアを南北に結ぶ瀬戸大府東海線の道路工事は、長久手市に入って遅々としてすすんでいませんでしたが、難関だった土地問題、土地取得がほぼ解決した模様で、一年程前にはほぼ止まっていた工事が動き出している状況です。前回は前熊エリアの「ござらっせ」温泉近辺から大草にかけての工事状況をレポートしましたが、今回は長久手AEONの北方200m、御嶽山から続く岩作丘陵の工事現場から、丘陵北側の愛知用水を超え前熊エリアにつながる間の現状をレポートします。

岩作丘陵を南北に貫くように道路が走る。これによってこの丘陵の東側をくねるように狭い道を曲がって走らなくてはならない危険性(実際に十数年前、この地元に住む私の中学の同級生もその路上でクルマに轢かれ亡くなっている)と渋滞が解消される。交通量が激増するこの界隈を往来しなくてはならない者にとっては、この道路の開通は待望である。

恐らく最後の難関は、この愛知用水への架橋であろう。前方の丘陵の竹林の斜面は削り取られ、空が凹んだ所まで見えるようになった。その奥(南方へ)1km程の所に長久手AEONと長久手古戦場公園がある。

愛知用水以外にもう一本、橋がかかる。橋梁の上の部分が、オブジェのように姿を現している。間近でみるとものすごい構造体である。

右奥に見えるのが長久手温泉「ござらっせ」。

関連記事

  1. 企画展「トヨタ博物館でSDGsを考える クルマとゴミとカーボンニ…
  2. 矢田川畔、秋へ(1)〜となりの瀬戸市 【長久手タイムズ Phot…
  3. [長久手タイムズ]TOTONOの竹古屋 長久手里山
  4. 観音堂 九万九千日祭り at 安昌寺 8月10日(木曜)
  5. 古えの時が漂う秋葉社へ。椿と楓の共演
  6. 【提言】長久手のふるさと納税返礼品に「体験型」を
  7. クルマの誕生と「移動」の革命【トヨタ博物館】(8)
  8. 2024年・令和6年 謹賀新年 初日の出

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題記事

梅雨に濡れた紫陽花の美しさ:モリコロパーク

モリコロパークでは、いま紫陽花(あじさい)が満開です。大花壇とは別の場所、南口の…

Nagakute Street Gallery ❶【長久手タイムズ】

長久手市内には、道を歩いていたり、クルマを運転していると、おやっと思う不思議なものに出くわすことが…

「蓮ノ宇宙、蓮ノ色」【Nagakute Times Photo Gallery】撮影:中野淳

『ここは里山の片隅。かつて豊臣秀吉との大一番を前に、徳川家康が陣を張った色金山への道すがら、家康も…

火縄銃の音が市内に轟く伝統の警固祭り【長久手タイムズ】(記録)

長久手は火縄銃の所有数日本一。そして毎年10月の「警固祭り」の朝は長久手市民にとっては特別の朝にな…

平均年齢が日本一若い長久手市

出典:総務省「統計ダッシュボード」(https://dashboard.e-stat.go.jp/…

黄金色に輝きだす:里山 TOTONOの9月

長久手市「文化の家」開館25周年記念(2023 記録)

長久手市文化の家は開館25周年を迎え記念事業を連続して企画。その記録を一部掲載致します。1998年…

秋晴れと、秋桜と。モリコロパークの今【長久手タイムズ】

10月になって夏から整備に入っていたモリコロパークの花園が、いっせいに花を咲かせ始めています。11…

長久手の「パリの蚤の市」がパリすぎる! 【長久手タイムズ】

長久手でパリの蚤の市。「アンティークレースとパリの蚤の市」フェアが、園芸と雑貨の店「アトリエkun…

影行天皇はあの卑弥呼の弟?! 影行天皇社のもつパワー❷ 【長久手タイムズ】

日本に数ある神社の中でも天皇の名前がそっくりそのまま社名になっている神社はほぼありません。ふつうは…

PAGE TOP